稲妻のごとき鮮烈さにスバリストの心が射貫かれた! レガシィ・ブリッツェンという衝撃作を振り返る (1/2ページ)

稲妻のごとき鮮烈さにスバリストの心が射貫かれた! レガシィ・ブリッツェンという衝撃作を振り返る

年次改良のたびに新型が登場した歴代ブリッツェンを振り返る

 歴代レガシィのなかでも、S401と並ぶ人気の限定モデルといえば「BLITZEN(以下、ブリッツェン)」だ。ポルシェデザイン監修による専用エアロを纏ったスタイリッシュなデザインには、内外装に専用アイテムを数多く採用した。ちなみに車名のブリッツェンとは、ドイツ語で「稲妻が輝く」の意味であり「稲妻のように走り過ぎる」 光景をイメージしてネーミングされた。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

ブリッツェン2002ツーリングワゴンの走り画像はこちら

 イメージカラーのプレミアムレッドで身を包んだブリッツェンは、3代目レガシィ(BE型)のセダンモデル「B4」に初めて設定された。のちにツーリングワゴンにも追加され、EJ20ターボエンジン搭載モデルのほか、6気筒水平対向エンジンのEZ30エンジン搭載車もラインアップ。その後、プレミアムスポーツモデルとして人気を博した、4代目レガシィにも設定されたブリッツェンの歴史を振り返りたい。

充実した装備の限定車として初代ブリッツェンがデビュー

 まず2000年に登場した初代ブリッツェンは、3代目レガシィB4のB型「RSK」をベースに、2月〜3月の1カ月期間限定車としてSTIからデビューした。前述のとおり、エクステリアにはポルシェデザインによる専用の前後バンパー、リヤスポイラー、フロントグリル、17インチアルミホイールが与えられ、ブリッツェン専用色としてプレミアムレッドを設定。通常の塗装よりも層を厚くした特別塗装となっていた。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

ブリッツェン2000の走り画像はこちら

 また、フロントフードもアルミ製が特別装備されており、レガシィB4としてはブリッツェンで初採用となったアルミ製フロントフードは、のちの年次改良で標準装備化されていくアイテムとなった。ほかにもMT車にはトラクション性能を向上させるフロントヘリカルLSDを採用するなど、走りの装備も充実。インテリアではヘアラインパネルの採用や、ベースモデルではオプション装備であったケンウッド製サウンドシステムを標準装備。さらに受注生産の選択仕様としてブリッツェン専用のレザーパッケージも設定されていた。

リヤウイングのコンパクト化で「2002モデル」は賛否が分かれた

 翌年には年次改良が実施されたC型をベースに「ブリッツェン2001モデル」が登場。待望のツーリングワゴンも設定され、B4/ツーリングワゴンそれぞれ1000台限定(計2000台)で発売された。基本的な装備面では2000年モデルと大きな変更点はないものの、ボディカラーは3代目ベースのブリッツェンで唯一ピュアホワイトが設定されたほか、オーディオもソニー製の「SONYドライビングサウンドシステム for ブリッツェン」がB4に標準、ツーリングワゴンには選択オプションとして設定されたのが特徴だ。

 そしてベースモデルが大幅改良を実施したことでD型へと進化。このブリッツェン2002モデルの変更点は、前後バンパーをはじめとした専用エアロパーツの意匠をチェンジし、さらにマッキントッシュサウンドシステムを全車標準装備化。B4/ツーリングワゴンそれぞれ合わせて1500台の限定車で販売された。マッキントッシュサンドシステム画像はこちら

 このブリッツェン2002モデルでは、シルバーグレー色ヘッドライトベゼルやチタン調インテリアパネルなどの専用装備が充実した。その一方で、特徴的なフロントバンパーやB4用リヤウイングのデザインが控えめになり、ファンからは「前期ベースの方がブリッツェンらしかった」という声もにわかにささやかれた。ブリッツェン2022のリヤスタイル画像はこちら

 この年の夏には、プレミアムスポーツに相応しいEZ30エンジンを搭載した「ブリッツェン6」が登場。3L水平対向6気筒エンジンを搭載するRS30とGT30をベースとし、エクステリアはNAエンジンのためボンネットバルジが存在しない以外は、ブリッツェン2002モデルと同一のエクステリアとなっている。さらにインテリアはベージュの本革シートがブリッツェン6専用アイテムとして標準装備されているのが特徴。ベースモデルの6気筒エンジン搭載車がATのみであったため、ブリッツェン6もスポーツシフト(マニュアルモード)を持たない4速AT仕様のみの設定であった。