たった10万円程度で確実にモッサリ愛車が激速に! 結構手軽ないまどきのブーストアップ事情 (1/2ページ)

たった10万円程度で確実にモッサリ愛車が激速に! 結構手軽ないまどきのブーストアップ事情

ターボチューニングの第1段階としても人気

ターボチューンといえば「ブーストアップ」である。エンジンに空気を押し込む“ブースト圧”を上げるチューニングであり、もっとも手軽にコスパよくパワー&トルクを引き上げられるオススメチューンなのだ。

ターボからエンジンに空気を押し込む量を調整する

 ターボエンジンは排気ガスの勢いでタービンを回し、そのタービンの力でエンジンに空気を押し込むことで、排気量以上の酸素を燃やす。酸素もガソリンもたくさん燃やすことができ、大きなパワーとトルクを出すことが可能だ。

【関連記事】エアロパーツを装着する「メリット」と「デメリット」とは? 今さら聞けない「機能」や「費用」を徹底解説します

ターボ装着のイメージ画像はこちら

 このエンジンに空気を押し込む圧力をブースト圧という。ブースト圧が上がれば、もっと強い力でエンジンに空気を押し込むので、よりたくさん酸素が入る。合わせてガソリンもたくさん噴射すれば、爆発力はアップするのだ。

 基本的にはブースト圧を上げたらパワーアップするのだが、その効果にはある程度の限度がある。いくらブースト圧を高めても、ポートや燃焼室の形状などさまざまな要因で出せるパワーには限界がある。

 それに一定以上ブースト圧を高めるとノッキング(異常燃焼)が起きて、エンジンが壊れることにもつながる。そこでノーマルカーでは、自動車メーカーが安全マージンを確保して定めたブースト圧に設定している。これを壊れない範囲でアップさせるのが、ブーストアップチューンだ。

現代のクルマであればECU書き換えでもブーストアップは可能

 やり方は基本的にはECUを書き換えて、設定されているブースト圧を高める。それに合わせて、燃調や点火時期なども適切に調節する。ということをチューナーが行ってくれる。もしくは、有名メーカーにECUを送ることで適切なデータをインストールしてくれるのだ。

 車種によっては追加でブーストコントローラーを取り付けることで、手元でブースト圧を上げたり下げたりもできる。大体はハイブーストとローブーストの切り替えがあり、ここぞというときはハイブーストに設定を変えることも可能。その切替スイッチをステアリングにボタンとして付けると、スクランブルブーストボタンとしても使える。映画などでライバルに負けそうになるとそういったボタンを押し込んでいる場面がよくあるかと思うが、それと同じように、ブースト圧を高めてパワーアップが可能になるのだ。

 その効果はというと、ブーストアップでノーマルから10~20%のパワーとトルク向上が可能。この変化はかなり大きく、誰もが乗ればわかるレベルと言える。140psのスイフトスポーツだと160~170psくらいが可能となり、R35GT-Rだと、そもそも約550psなので、サクッと600~650psになってしまうのだ。

パワーカーブのイメージ画像はこちら

 NAエンジンでパワーを10~20%高めようと思ったら、軽く50~100万円コース。吸排気系をフルにチューニングしてギリギリ達成できるかくらいで、やはりトータルコストは掛かってしまう。それ以上を求めようとすると排気量アップや、大幅なチューニングが必要で100万円以上は軽く超えてしまう。

 しかし、ブーストアップならECU書き換えで10~15万円くらいが相場。ブーストコントローラーを追加しても10万円弱。そこにスポーツ触媒とマフラーを交換するとさらに30万円ほどは掛かってしまうが、追加で5~10%くらいのパワーアップも狙える。ターボ車のブーストアップは極めてコストパフォーマンスが高いチューニングなのだ。そのため、ブーストアップはオススメチューニング不動の1位である。せっかくターボ車に乗っているなら、やらなきゃもったいない! というくらいのチューニングなのだ。

セッティングのイメージ画像はこちら