MT車乗りの「必修科目」! 間違った練習も多い「ヒール&トゥ」のホント (2/2ページ)

そもそも街乗りでは練習にならない

 では、とにかく普段乗りで練習して、いつかサーキットを走る日に備えよう……と思うのが普通だが、これがまた、街乗りでは練習にならないのだ。なぜなら、圧倒的にブレーキを踏み込む量が少ないから。

 街なかではサーキットのような強いブレーキは掛けないので、むしろアクセルをアオるときのわずかな踏力変化がブレーキに伝わり、アクセルをアオるたびにブレーキがガックンガックンしてしまうのが関の山だ。究極に柔軟な足首があればできるかもしれないが……。

【関連記事】ホンダは日本の誇りだ! F1初優勝を飾った日の丸を背負った「地上を走る戦闘機RA272」とは

ストリートではあまり練習にならない画像はこちら

意外にも動作の素早さは必要ない

「電光石火のシフトダウン」と漫画「頭文字D」に出てきたような気もするが、じつはヒール&トゥを急ぐ理由はない。減速中のことなので、加速性能には関係ないのだ。エンジンブレーキを瞬時に利かせたいなら、速く操作したほうがいいが、エンジンブレーキもあまり高回転で多用するのはリスクが大きい。エンジン自体への負荷にもなるし、オーバーレブしてしまうこともありうる。

あわてて操作する必要はない画像はこちら

できるだけヒール&トゥを減らすプロもいる

 佐々木雅弘プロはできるだけ回数を減らす派。ブレーキ踏力がわずかでも乱れる可能性があるなら回数を減らして、エンジンブレーキに期待する制動力の分だけ、しっかりとフットブレーキが利くようにセットするタイプだ。

「例えば86レースで富士の1コーナーは5速から2速まで落としますが、僕は5速のままフルブレーキして、加速直前にちょっとだけヒール&トゥして2速入れてます」という。

 ヒール&トゥはできたほうが良いテクニックだが、多用すればいいというわけでもない。いざというときに使えた方がいいけれども、街乗りでの練習は後続車への迷惑にもなりかねないので、できるだけクローズドコースでの練習から始めたいところだ。

クローズドなサーキットでの練習から始めよう画像はこちら