スバルもトヨタもこだわりすぎだろ! 見た目じゃわからない「GR86」と「BRZ」のマニアックな相違点とは (2/2ページ)

形式こそ同じだが乗り味の差別化が図られたサス構造を採用

 メカニズムの面では、初代モデル以上に足まわりのセッティングが異なり、フロントハウジングに使用されている素材やスタビライザーの取り付け位置やパイプ径、リヤトレーリングリンクブッシュの硬さまでも異なる。スプリングのバネレートは、BRZがフロントが高く設定されているものの、リヤに関してはGR86の方が高いバネレートで設定されている。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

GR86とBRZのフロントハウジングの素材画像はこちら

 さらにスタビライザーもBRZのフロントが中空のφ18.3に対し、GR86のフロントは中実のφ18.0、リヤはBRZがφ15.0でボディ直付け、GR86がφ14.0のブラケット取付けとなり、それぞれメーカーが目指す乗り味の違いを明確に狙っていることがわかる。またステアリングフィールも若干異なり、電動パワステの操舵感はBRZがやや重め、GR86は軽めにセッティングされている。

スロットル特性も明確に異なるので試乗してからの購入をオススメしたい

 最後はスロットル特性の違いだ。エンジンスペックこそ同一ながら、BRZではトルクの立ち上がりを穏やかにして扱いやすくする一方で、GR86はレスポンス重視となっている。この辺りも乗り比べると違いを体感することができるはず。加えてATの制御も異なり、変速のスムースさに重点を置いたBRZに対し、GR86はダイレクト感を重視したセッティングだ。GR86とBRZの走り画像はこちら

 このように、初代よりも大きく差別化が図られている新型BRZとGR86は、それぞれのメーカーが目指している乗り味を妥協することなく狙った結果で、両方を乗り比べればその違いは初代モデル以上に体感できるポイントだ。「どちらが良い!」というわけではなく、デザインや乗り味などオーナーの好みに合わせて選択することができるのは兄弟車ならではの醍醐味といえる。スバルBRZとトヨタGR86でどちらを購入しようか悩んでいるなら、スタイリングはもちろん試乗してから決めることをオススメしたい。