ホンダ・コニリオって何もの? 激レアな「エスハチ」ベースのレーシングマシンの全容 (2/2ページ)

エスハチのシャシーにFRP製の軽量なボディを架装したコニリオ

 先に触れたようにコニリオは、エスハチのシャシーに架装するボディキットです。なのでシャシーに関してはベースのエスハチそのままで、ラダーフレームに組み合わせるフロントサスペンションはトーションバーで吊ったダブルウィッシュボーン式独立懸架。

【関連記事】なぜ2世代も前のスバル「サンバー」が今なお愛されるのか? 「WRブルーマイカ」の限定車を京商のミニカーで振り返ろう

ホンダS800画像はこちら

 リヤサスペンションはエスハチの前期型と中期/後期型で違っていて、前期型はチェーンケースを兼ねたトレーリングアームをコイルスプリングで吊る独立懸架。中期/後期型は4本のトルクロッドとパナールロッドで位置決めしたリヤアクスルをリーフスプリングで吊るリジッド式でした。ホンダS800画像はこちら

 コニリオの1号車、通称“MK-Ⅰ”には後者が選ばれていました。言うまでもなくレース仕様ということで、サスペンションは強化。エンジンについては、エスハチ用の791ccツインカム直4のAS800E型をベースに、レース出場に向けては鈴鹿サーキットにあったRSCでチューンした850cc仕様を搭載していました。ホンダ・コニリオのエンジン画像はこちら

 デビューレースとなった1968年11月の富士フェスティバルではセッティングを進めるどころか、いくつか初期トラブルも見つかり勝負は度外視の、まさに実戦テストとなったようです。それでもレースを走り切った甲斐もあり、問題点を洗い出しました。ホンダ・コニリオ画像はこちら

 セッティングも進めて1カ月後に同じ富士スピードウェイで開催された参戦2戦目の富士チャンピオンレースでは、公式予選でトップタイムをマークしてポールポジションを奪い、決勝レースでもトップを快走。一次トップ逆転されたものの、相手のトラブルもあって再逆転。2レース目で優勝を飾ることができていました。ホンダ・コニリオ画像はこちら

 コニリオは結局、クーペも含めて10台が製作されています。その多くが各地のレースで活躍していて、残念ながら記憶は確かではないものの、高校生のころに中山サーキットで走っているのを見た憶えがあります。残念ながら整理が行き届いていなく、写真がどこにあるのかわからないため、ここでご紹介することもできません。マシンはノーズ部分に手が加えられ、ボディパネルも一部はアルミに置き換えられていたような気がします。

 またロードゴーイング仕様のコニリオ・ビアンコですが、1970年の第3回東京レーシングカーショーに白い個体が展示されていたようですが、石川県の小松市にある日本自動車博物館には赤い個体が収蔵展示されていました。ホンダ・コニリオ・ビアンコ画像はこちら

 もう10年近く前になりますが、同館を訪れた際に、広いフロア中央の、一段高いステージに展示されていて、遠目にそれと確認してとりあえず写真にも納めたのですが、これがレーシングカーショーに展示されていた白い個体を塗り直したのか、まったく別の個体なのか、詳しいことを確認しないまま時が流れてしまいました。

ホンダコレクションホールに収蔵されているコニリオは……

 ここからはまったくのプライベートなエピソードになりますが、ホンダコレクションホールに収蔵されているコニリオ……レース仕様のスパイダーは、じつはわが家にあったエスハチがベースになっています。いやなっているそうです。

 もうだいぶ昔のことになりますが、取材でツインリンクを訪れた際に、取材でお世話になる知人から「了ちゃんのエス、コニリオになってるよ!」と驚く情報がもたらされたのです。「!?」。確かにわが家にあったエスハチは、電気系が不調で手に余しかけていて、家に置いておいても朽ち果てていくだけだし、コレクションホールに引き取ってもらったら綺麗にレストアしてくれるんじゃないか、などと思って持って行ってもらったのですが……。ホンダ・コニリオ画像はこちら

 これじゃあまるで、病弱な娘を入院させてドナーを探してもらっていると思ったら、何といつの間にか娘はアスリートに変身してオリンピックに出ていたのをテレビで初めて知ったようなもの。驚いたなぁ、もう。アスリートになった彼女とはまだ対面していませんが、コロナが明けたら訪ねてみたいです。