スポーツカー御用達のアイテムがなぜか商用バンで人気! ハイエース乗りがLSDを装着するワケ (1/2ページ)

スポーツカー御用達のアイテムがなぜか商用バンで人気! ハイエース乗りがLSDを装着するワケ

競技車必須のアイテムがハイエース乗りに人気な理由とは

 ハイエースは商用バンでは異例とも言えるカスタムパーツ点数の多さが際立つ車種だ。内外装はもとより、貨物用途をメインに設計された足まわりゆえに、より快適性を高めるサスペンションの周辺パーツが数多く用意されている。それはショックアブソーバやトーションバー、スタビライザーやブッシュ類など多岐にわたり、これらを交換することで重い荷物を運搬する貨物仕様の硬めの足まわりを乗用でも使える快適なサスペンションへと改善できる。

 そんなハイエース用のグレードアップパーツのなかで、尖ったユーザーがこぞって注目しているのがLSD(リミテッド・スリップ・デフ)だ。ハイエース用としてクスコやほかのメーカーからもリリースされており、駆動系チューニングの重要なアイテムとして装着するオーナーは多い。サーキット走行や競技などで用いられるガチのチューニングパーツだと思われるLSDだが、意外にもハイエースでも重宝する効果について探ってみた。

【関連記事】細い道でも安心! トヨタ「ヤリスクロス」用サイドカメラキットが「データシステム」から新登場しました

LSD本体のイメージ画像はこちら

トラクション性能に難があるハイエースのリヤサス

 ハイエースはフロントにダブルウィッシュボーン+トーションバースプリング、リヤにリーフリジッドというサスペンション構造である。なかでもリヤはリーフスプリングでホーシングを保持するという、貨物ならでは高い耐荷重を確保するため、こうしたベーシックなサスペンションを採用している。これが高速走行時などで不安定な要素になってしまうのだ。

【関連記事】細い道でも安心! トヨタ「ヤリスクロス」用サイドカメラキットが「データシステム」から新登場しました

リーフリジッド式のリヤサスペンション画像はこちら

 ハイエースのリヤサスペンションを見ると、まずデフと車軸をひとつのユニットにしたホーシングが用いられているのが分かる。これは左右の車輪が車軸でつながる、いわゆるリジッドアクスルと呼ばれる構造。乗用車などで用いられる独立懸架式が左右の車輪が独立して動く形式になっているのに対して、左右の車輪がホーシングを軸にして同時に動くのが特徴だ。ハイエースの高速道路走行画像はこちら

 このリジッドアクスルは耐荷重性能が高いことで貨物モデルの要求性能には応えているのだが、走行性能ではいくつかのネガティブ要素がある。そのひとつが路面への接地性能で、コーナリングや左右の車輪への入力差が生まれる状況(高速道路で横風を受けるシーンや路面の凹凸など)では、微細ではあるが片側の車輪が浮き気味になる。その結果、差動装置のデフによって接地している車輪への駆動力までも失ってしまう。