これでクルマのリヤシートってウソだろ? 内装にこだわりすぎた「マツダ・ペルソナ」という衝撃作 (1/2ページ)

これでクルマのリヤシートってウソだろ? 内装にこだわりすぎた「マツダ・ペルソナ」という衝撃作

この記事をまとめると

  • 1988年に登場したマツダ・ペルソナ
  • 全32ページのうち12ページは内装の写真だった
  • ラウンジのようなリヤシートが印象的だった

冒頭から12ページも続く内装の写真にこだわりを感じる

 インテリアイズム。トップページにそうあるマツダ・ペルソナのカタログは、驚くべきことに最初から12ページ(ちなみに全32ページだ)まで、クルマの外観全体が分かる写真が1点も出てこない。では何が載っているのか? といえば、ひたすら室内の写真だ。

【関連記事】超高回転エンジンの刺激は反則級! エンジン屋ホンダの歴代傑作エンジン「ベスト5」

マツダ・ペルソナのカタログ画像はこちら

 室内全体、前席、後席、インパネの部分カット、ドアトリムの部分カット、メーターパネル、運転席まわり、そして表皮と色違いの前席、後席……といった順。そして13ページ目でやっとペルソナ全体の外観が登場するが、まだ、クルマの上半分に照明を当て、ピラーレスハードトップの窓まわりを強調したようなカット。マツダ・ペルソナのカタログ画像はこちら

 その次の見開きで、ようやく、やや俯瞰のいわゆる7:3の外観写真が登場する。さらにページを捲ると今度はフロントノーズまわりのアップ、別のボディ色のペルソナの今度はリヤ7:3、ふたたびリヤまわりのアップ、ピラーまわりのアップと続く。マツダ・ペルソナのカタログ画像はこちら

 それからもう1ページ捲ると、ようやく文字が載っていると思いきや、ペルソナの開発でイメージ共有のためにイングリッド・バーグマンの写真が用意されたという話が始まる。勿体ぶってなかなか本論に入らない原稿なら筆者も得意だが(!)、ペルソナのこの最初のカタログの、これほどクルマの写真のなかなか登場しないページ構成は、後にも先にもほかにないのではないか? と思う。マツダ・ペルソナのカタログ画像はこちら

初代カリーナEDを追いかけたペルソナ

 ペルソナ(兄弟車にユーノス300があった)は、1988年11月にマツダから登場したミドルクラスの4ドアハードトップだった。もちろん1985年にトヨタから登場し、一世を風靡した初代カリーナEDを追いかけたモデルのなかの1台だった。

マツダから出た、あのカリーナEDみたいなクルマ」と表現する人がいたのは事実だが、そういうことを想定のうえで、おそらくマツダはこのペルソナの訴求方法にそういう作戦を立てたのだろう。つまり、外観は確かにカリーナED風の4ドアピラードハードトップだったが(全高は1335mmとEDよりも25mm高い)、外観よりも内装にこだわったクルマである、としたのだった。そのことを表現したのが“インテリアイズム”であり、冒頭から12ページも続く内装の写真だったのである。

【関連記事】超高回転エンジンの刺激は反則級! エンジン屋ホンダの歴代傑作エンジン「ベスト5」

マツダ・ペルソナのカタログ画像はこちら

 今あらためて見ても、相当にこだわりを見せるインテリアだった。とくに後席は“ラウンジ型リヤソファシート”と名付けられ、まさにホテルのロビーか社交場のソファさながら、サイド部分をラウンドさせていかにも身体を斜めにもたせかけられるようなデザイン。

 ヘッドレストは座る場所を特定しないような左右に繋がったデザインだし、アームレストクッションは、確か固定されていない、まさにラウンジのソファに置かれたクッションのような扱い。なかなかのこだわりぶりだった。

画像ギャラリー