クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • どっぷり付き合って味わった天国と地獄! それでも色褪せない最後のシルビアS15の魅力とは
CUSTOM
share:

どっぷり付き合って味わった天国と地獄! それでも色褪せない最後のシルビアS15の魅力とは

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: 加茂 新/日産自動車/オーテックジャパン/Auto Messe Web編集部

  • 1999年から2002年まで生産された日産S15型シルビア

  • 1999年から2002年まで生産された日産S15型シルビア
  • 中古で買ったらサーキット走行の前に隅々まで確認を
  • 交換パーツはその時の相場をしっかり調べよう
  • ターボのSR20DETユニットを積むのは「スペックR」
  • 純正ミッションを大事にするもよし、「ニス6」を積むもよし
  • スペックRの良好な個体は今後も上がる一方なので欲しいときが買い時
  • スペックRの良好な個体は今後も上がる一方なので欲しいときが買い時

いまだ色褪せない日産のFRターボ

 最後の「シルビア」、S15型。噂される新型シルビアが登場しない限り、シルビアシリーズの現時点で最新作であり、ブラッシュアップを重ねた最高傑作と言っていいだろう。生産終了から約20年が経過した今もそのスタイルとその走り、チューニングベースとしての魅力は色褪せない! かつてS15に乗って酸いも甘いも味わってきた筆者が、その凄さと実体験を語る。

購入後の初サーキットでいきなりクラッチブロー!

「SR20DET」エンジンを搭載していたS15。可変バルブタイミング機構が備わり、それまでのS13系に比べると低中トルクと高回転の伸びを両立でき、圧倒的に乗りやすくなった。ベースとしての魅力が高まったうえにターボエンジンならではのパワーアップ・メニューが多数用意されていた。

 筆者が中古で購入したS15も純正タービンでブーストアップ済みのもの。喜び勇んで本庄サーキットに繰り出したのだが、サーキットを全開で数周すると、なんだかパワー感が薄い……ピットに戻ると身動き不能に。具体的には1速にギヤを入れてクラッチペダルを離しても、エンストどころか振動さえないのである。

 都内から救援部隊の積載車を19時まで待って、なんとか回収してもらった。クラッチはすでにボロボロになっている個体だったのだ。走る前にはエンジン、ミッションから駆動系までチェックしてもらいましょう。

中古で買ったらサーキット走行の前に隅々まで確認を

そんな大人なオレは純正エンジンマウントを買ったのだった

 もう30歳近い(当時)大人としては、純正の良さを引き出すことが大切だ、と思ってエンジン、ミッションマウントを交換。後日ショップにお金を払いに行くと、部品代だけで3万5000円近くしていた。2010年ごろの話である。純正エンジンマウントなんて数千円で、エンジンとミッション用の3個でも1万3000円くらいな感覚でいたのだが、毎年の純正部品価格改定で、圧倒的な価格になっていたのだった。

 ちなみにその当時はまだ値上げしていなかったNISMO製強化エンジンマウントの方が安いという逆転現象が発生していた。だったらNISMOにすればよかった……。

交換パーツはその時の相場をしっかり調べよう

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS