球切れサインでもあった「高速点滅ウインカー」のクルマを最近見かけないワケ (2/2ページ)

ハイフラを見かけなくなった理由はLEDウインカーが普及したこと

 最近ではこのハイフラとなっているクルマをあまり見かけなくなったが、理由のひとつは標準装備のウインカーがLED式となり球切れが起こりにくくなったこと。社外品のLEDバルブへ交換する場合も、バルブに同梱または内蔵される抵抗により、電球のバルブと同じ消費電力となるように設計されていることや、LEDバルブにした際に低くなる消費電力に合わせたウインカーリレーなどが発売されているため、ドレスアップユーザーに広く認知されたことも理由といえるだろう。

【関連記事】失敗しない用途別チューニング「三種の神器」とは? サーキット派とストリート派で違う最初のパーツをお教えします

社外品のウインカーリレー画像はこちら

 灯火類の基準は道路交通法で定められているように、非常に重要な部品。球切れや無灯火など、周囲に確実に自分の意思表示を伝えるものなので、ウインカーがハイフラ点滅していることに気が付いたら、すぐにバルブ交換して対処するようにしたい。

LEDウインカー画像はこちら