縦置きミッドシップ4WDってディアブロと同じ! たった4年で消えた「ホンダZ」という惜しすぎる軽自動車 (1/2ページ)

縦置きミッドシップ4WDってディアブロと同じ! たった4年で消えた「ホンダZ」という惜しすぎる軽自動車

ホンダらしいユニークなパッケージングだった

 SMALL SUPER MOVER HONDA Zの文字がクールにデザインされたカタログの表紙を捲ると(ここでは写真は割愛しているが)“ZZ TOP ON THE Z”として、Zのロゴを模った特注であるはずのZenderのギターを持ち、ポーズをとるトレードマークの長い髭を蓄えたZZ TOPメンバーの姿が登場する。残念ながら筆者はZZ TOPにもギターのZenderにも明るくないが、要するにそういうエネルギッシュな訴求で登場したのがホンダZだった。

 もちろん初代のホンダZは、1970年登場の同じ軽自動車で当時のNIII360をベースに作られたスペシャルティクーペ(後にハードトップ化した)だった。そしてホンダはライフ、バモスなど軽自動車の車名をほかにもリバイバルさせていたが、この“2代目”となったホンダZも同様だった。

 ただし初代のZに対し、1998年に登場した2代目は、まったくコンセプトの異なるクルマだった。この時期のホンダは軽自動車を、「それまでにない価値と個性をのせた“Kムーバー”」(カタログより)として打ち出していて、決して派手ではなかったがセダンタイプの当時のライフも、同じKムーバーの一員として訴求していた。折りしも軽自動車の規格が550ccから660ccに拡大されたタイミングでもあり、ホンダはこのKムーバーを、安全性能、環境性能、快適性、実用性において世界基準のスモールカーと位置付けての展開だった。

【関連記事】昭和クラシックなベンツ「W123」に試乗!「最善か無か」をひたすら実践した滋味深い走りとは

ホンダZのカタログ画像はこちら

非常に凝った技術が盛り込まれていた

 そのなかでホンダZは、じつは非常に凝ったエンジニアリングが投入されていた。“アンダーフロアミッドシップ+4WDプラットフォームUM-4”がカタログ上の表現だったが、何とエンジンを60度傾けて縦置きとし、その前方にトランスミッション(当時のシビック用のそれをベースとした4速AT)を置き、ビスカスLSDを介して前後に駆動力を配分するリアルタイム4WD方式を採用。

 リヤ側にはヘリカルLSDも使い、50:50の前後重量配分を実現。ミッドシップであることと、エンジンを床下に配置した低重心により、“気持ちに素直なコントロール性、安定したブレーキングを実現”(カタログより)したものだった。

【関連記事】昭和クラシックなベンツ「W123」に試乗!「最善か無か」をひたすら実践した滋味深い走りとは

ホンダZのカタログ画像はこちら

 カタログにもこのパワートレインを俯瞰から描写したイラストと、ボディサイドから車両レイアウトがわわかる透視図が載っており、メカマニアはこのページを「おお!」と小さく声を上げながら眺めたのでは?  軽自動車のミッドシップということでは、ホンダはリヤドライブだったが1991年に2シーターオープンのビートを出した前例があったほか、1ボックスのバモスでも同様の車両レイアウトを採用していた。

 とはいってもエンジン縦置きのミッドシップ4WDということでは、よく言われているようにスーパーカー(具体的には1993年のランボルギーニ・ディアブロVT)と同じということになり、あらためて思い返しても、よくぞここまで! といったこだわりようが、ホンダならではといえるクルマだった。

 ちなみに3気筒の660ccエンジンには、ホンダの軽自動車では初のターボを設定(もう1機種NAも設定)。フリクションの小さいセラミックボールベアリング採用のターボチャージャー、大型空冷インタークーラーなどを採用し、64ps/9.5kgmの性能を発揮した。ほかにEPS(電動パワーステアリング)、大径15インチタイヤの採用なども特徴だった。ホンダZのカタログ画像はこちら