ブラックアウトのど迫力! GLE350dクーペがカスタムで実現した圧巻のスタリングとは

ブラックアウトのど迫力! GLE350dクーペがカスタムで実現した圧巻のスタリングとは

ディーゼルモデルのGLEクーペをバリバリのAMG仕様にフォルムアップ

「Mercedes-Benz GLE350d 4MATIC Coupe Orange Edition」

 全世界的にプレミアムブランド発のSUVが人気を博している。そのボリューム感溢れる肢体は確かに魅力的。ブラックアウトというオーソドックスな王道スタイルとアップデートのコラボ技で、獰猛なまでの圧力を前走車のミラーに写し込ませる!

想像以上にデカく迫力十分! ブランドミックスで自分流にカスタム

 マッシブかつ流麗なクラウチングスタイルのGLEクーペは、メルセデスSUVシリーズにおいてカスタムファンに人気のモデルだ。全幅2mを超える超巨体ではあるが、獰猛性を帯びたクーペシルエットは確かにカスタムモードのスイッチに手を伸ばしたくなるはず。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

GLE350dクーペのカスタムしたリヤスタイル画像はこちら

AMGルックスをベースにチューナーブランドをコラボ

 このGLEのカスタムはシンプルで存在感のあるスタイリングをテーマにしている。そこで訴求力のあるヴァルドのフロントスポイラーをセレクトし、AMGのアイコンであるバーティカルフィンのパナメリカーナグリルをセットする。WALD製フロントスポイラー&パナメリカーナグリル画像はこちら

 ただし、単純な単一ブランドでのコンプリートスタイルではアピール力に欠けるのではないかという判断から、リヤセクションは63AMG純正仕様でボトムを決めている。ベースのオレンジエディションが特別仕様ならではのブラックモールを採用しているため、リヤのエンブレム類もブラックアウトし、王道を踏まえながら自分流テイストを表現している。AMG純正リヤバンパー&マフラーエンドスタイル画像はこちら

マッドマックスなブラックモンスターSUVクーペの完成

 足元には22インチのBCフォージドを履かせ、リヤのホイールセンターへ向かって極端に落とし込んだコンケーブデザインは、リヤフェンダーのボリューム感とで斬新なダイナミック感を見せつけるではないか。ローダウンシルエットは「後ろから迫られるとマッドマックスが来た?」と思わせる迫力の仕上がりだ。コンケイブしたリヤのBCフォージドEH173画像はこちら

 また、フロントにパナメリカーナグリルを取り込んだことで、リヤのトランクスポイラーもAMGデザインのものを採用。さらにリヤディフューザーのバーティカルスリット部にはスモークカラーで微妙なアレンジを加えるなど、小技の利かせ方までも心得た纏まり感のあるコーディネートはAMG化にさらなる遊び心を引き立てる。

□GLEクーペ/C292 CUSTOM SPEC
[エクステリア]
■WALDフロントスポイラー
■WALDパナメリカーナグリル
■AUTO DESIGN OUSEリヤトランクスポイラー
■GLE63クーぺ用リヤディフューザー+マフラーエンド
■テールランプスモークペイント
■リアエンブレム・マットブラック
[フットワーク]
■H&Rローダウンスプリング
■ホイール:BCフォージドEH173(F:10.0×22 et44/R:11.5×22 et30)
■タイヤ:コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5P(F:285/40/R:325/35)
[インテリア]
■防水フロアマット
■ユピテル・ドライブレコーダー
[チューニング]
■マーベラス・ブレーキパッド