往年のF1マシンなど登場! 静岡ホビーショーで見つけた新作プラモデルはオヤジ世代感涙のアイテムが目白押しだった (1/2ページ)

往年のF1マシンなど登場! 静岡ホビーショーで見つけた新作プラモデルはオヤジ世代感涙のアイテムが目白押しだった

話題の新車など注目の新作が続々登場

 コロナ禍の影響を受け、2019年以来3年ぶりの有観客開催となった「第60回静岡ホビーショー」。会場となったツインメッセ静岡には、多くのホビーメーカーがこれから展開する商品がお披露目され、多くの来場者が目を輝かせていた。今回はそんな数ある魅力的な商品のなかから、とくに印象に残ったプラモデルを紹介していきたい。

【アオシマ】カンタン組立可能な新型フェアレディZが登場

 かつての子どもたちにとって、プラモデル製作は誰もが経験する“遊び”のひとつだった。しかし、ゲームや携帯といったデジタルツールを使った遊びが普及したこともあり、子どものプラモデル離れは年々進んでしまう……。「ものを作る楽しさのきっかけを作りたい」。そんな発想から生まれた商品が、アオシマから展開されている「ザ・スナップキット」、通称「楽プラ」だ。

【関連記事】「B」は「バック」じゃない! 誤発進しないためにも知っておきたいシフトのポジション名の意味を全部教えます

スナップキットの新型Z画像はこちら

 ザ・スナップキットは塗装と接着剤が不要であるほか、通常のプラモデルより部品点数を簡略化。プラモデル入門商品として、幅広い層から支持を受けている。一方、車種ラインアップは現行車のみならず、往年のクラシックカーまでを多数用意。「パパの子どものころには、こういったクルマが走っていたんだぞ!」と、親子でプラモデル作りに没頭するケースも多いという。

 そんなザ・スナップキットの新作として、6月に発売を控えている「新型フェアレディZ」の試作品が披露された。イカズチイエローをはじめとする全6色のうち、まずは4色が来年の1月に先行展開される。そのほかには、オヤジ世代にはグッとくるカスタムホイールを履いたS30型が今年9月に登場する予定だ。

スナップキットのS30Z画像はこちら

 アオシマではイチから塗装や接着剤を必要とするプラモデルもラインアップされているので、ザ・スナップキットでプラモデル製作の基礎を学び、ステップアップすることもできるのだ。

【タミヤ】往年のF1マシンが現代の技術で復刻

 新型コロナウイルスの脅威は凄まじいものだったが、おうち時間をきっかけに再度プラモデルを製作する「出戻り層」が急上昇したという。そのなかでユーザーからは、「子どものころには高価すぎて手が出せなかった、“憧れだったキット”の再販をしてほしい」という声が続出。タミヤはそういった声に応える形で、1/12サイズのビッグスケールシリーズから、往年のF1マシンであるルノーRE-20ターボとタイレルP34シックスホイーラーを復刻させた。

 タミヤでは、ルノーRE-20ターボがF1を戦っていた翌年の1981年に初めて製品化。その後2006年に再販が行われ、今年16年ぶりに2度目の再販を果たした。当時と比較してプラスチックの強度自体に変化はないものの、現在は3Dモデリングを使用して設計。これにより、部品と部品の組みあわせがしやすくなっている。5月21日に発売されたばかりで、価格は1万4080円。

タミヤのルノーF1画像はこちら

 一方、5年ぶりに復刻したタイレルP34シックスホイーラーは、エンジンエアファンネルの部品をアルミ切削製に変更。組み上がったときの質感や見た目の良さを、一層際立たせている。こちらは8月に発売を控えている。

タイレル6ホイラー画像はこちら

 2商品とも、パッケージは初めて発売されたときのイラストをそのまま使用。発売当初に少年だった世代からすると、懐かしさのあまりに涙が出るユーザーもいるかもしれない。

タイレルのパッケージ画像はこちら