買っていきなりチューニングは厳禁! 高額だから程度極上とは限らないネオクラ車との付き合い方 (2/2ページ)

駆動系は社外品への交換も積極的に検討したい

 駆動系ではミッションとクラッチ。ギヤの入りが渋かったりクラッチの切れが悪いときは、オーバーホールまたは交換を前提で考えたほうがいい。ただし年式的に純正パーツが手に入らないことも珍しくないので、社外品や流用を含め「何が使えて何が手に入るのか」を調べるのが先決だ。併せてクラッチおよびブレーキのマスターシリンダーから、フルードが漏れていないかも忘れずに調べておこう。

【関連記事】初めての愛車チューニングに迷ったらまず操作系から! 初心者にオススメのステップアップ術3選

ミッションオイル交換のイメージカット画像はこちら

 ブレーキは安全に直結する部分だけにより入念に行おう。ホースやローターの亀裂にキャリパーのピストンシールなど、パッと見るだけで異常と分かる部分が少なくないのは幸いだ。それらを交換してもペダルのタッチが頼りないときは、キャリパーが熱で歪んでしまっている可能性が濃厚。こうなるとオーバーホールしても症状が改善することはなく、新品や程度のいい中古品もしくは社外品に交換するしかない。

ブレーキのイメージカット画像はこちら

余裕があればボディの劣化にも注目する

 最後は前に気付くのは困難かもしれないがボディ。パワーを上げたり足まわりを硬くすれば、車体の負担が大きくなるのは必然だろう。コーキングが割れたりスポットが剥がれたりして、ボディが歪んだり雨水で錆びるケースもあるので、予算に余裕があれば転ばぬ先の杖として対策したい。いずれにせよ安くない金額で買った相棒だ。少しでも長く不安のないカーライフを一緒に過ごせるよう、一般的な中古車とはカスタムに対する意識も変えていく必要がある。

画像ギャラリー