ダムドがスバルWRX STI用の新作エアロをリリース! スーパー耐久参戦マシンと同様のボディキットに注目

ダムドがスバルWRX STI用の新作エアロをリリース! スーパー耐久参戦マシンと同様のボディキットに注目

この記事をまとめると

  • ダムドからWRX STI(VA)用エアロパーツが発売
  • スーパー耐久参戦中マシンに装着のボディキットと同仕様
  • 新たに製作されたデモカーは注目度満点

「DAMD WRX STI ELECTRICO」が新発売

 エアロパーツをはじめ、シートカバーやステアリングといったインテリアパーツなども手がけているドレスアップメーカーの「ダムド」。7月1日、スバルWRX STI(初代/VA)用エアロパーツ「DAMD WRX STI ELECTRICO(エレクトリコ)」を発売した。

レースで実績のあるWRX STI用エアロパーツをパッケージで提供

 これはすでにダムドから販売されている「DAMD WRX STI Styling Effect」と「DAMD LEVORG ELECTRICO」のエアロパーツを組み合わせたパッケージ商品。そして注目すべきは、スーパー耐久ST-2クラスに参戦するTOWA INTEC RACING TEAMの「#59 DAMD MOTUL ED WRX STI」に装着されているボディキットと同仕様になっている点だ。

 すでに個別に購入可能なアイテムをレース参戦仕様としてパッケージすることで、レースで実績を積んでいるエアロパーツをユーザーが購入しやすくしたというわけだ。

【関連記事】日産「キャラバン」に上質な「オーテック」が登場! 働くクルマにワークスコンプリートが設定された理由とは

スーパー耐久ST-2に参戦中の#59 DAMD MOTUL ED WRX STI画像はこちら

ダムドの最新デザイン言語を詰めこんだデモカーも登場

 また、新たに製作されたデモカーには、ダムドが考える現代のレーシングカーデザインが凝縮されている。フルラッピングはアートファクトリー社が担当。ホイールはアフターマーケットホイールで初めて風洞実験を行い、空力解析を元に製作された「OZ Racing Superturismo AERO」を採用する。タイヤには摩耗性の向上とサーキットで鍛え抜かれたドライグリップが特徴のリアルスポーツタイヤ「BRIDGESTONE POTENZA RE-71RS」を装着。車高調はコンフォートからストリート・サーキットユースまでドライバーに合わせたセミオーダーが可能なオートクチュール型車高調の「SPIRIT RACING SHOCKS」を選んでいる。

アートファクトリーがフルラッピングを担当画像はこちら

 テールランプには、まるでコンセプトカーに採用されているような気品とスポーティさをまとった「CORAZON LED TAIL LAMP」をチョイス。また、アプライドD型以降の車両にはフォグランプが標準装備されていないため、オートプロデュースA3社製「VAB後期フォグランプキット」を採用し、デモカー全体に彩りを与えている。

車高調や足まわり、ランプ類までこだわった仕様画像はこちら

【詳しくはこちら】

■DAMD WRX STI ELECTRICO
https://www.damd.co.jp/products/subaru/wrx_sti_electrico/

画像ギャラリー