トヨタ新型「ノア&ヴォクシー」は19インチもOK! 先代ノアヴォクのホイールは新型でもジャストフィットする? (1/2ページ)

トヨタ新型「ノア&ヴォクシー」は19インチもOK! 先代ノアヴォクのホイールは新型でもジャストフィットする?

この記事をまとめると

  • 新型ヴォクシーに19インチのジャストサイズとは?
  • 80系ヴォクシー用のホイールを履かせるとどうなる?
  • シビアにローダウンするとリヤホイールの軸が前にズレる

疑似ローダウンでマッチングを検証

 スポーティなスタイルが人気の新型トヨタ・ノア&ヴォクシー(90)だが、純正サイズには16インチと17インチが採用されている。そこで今回は18インチと19インチのホイールの履き心地を比較する機会に恵まれたので、紹介する。なお撮影時は車高調等のパーツはまだ発売されていなかったため、スプリングを外した状態で擬似的にローダウン状態を再現。80mm以上のローダウン量を実現している設定だ。

ピッタリな履き心地となる19インチ!

 まずはじめにヴォクシーに履かせたのは19インチ。今回装着したサイズは19×8.5・インセット45だ。ホイールはベルサスVV21S。80ヴォクシー系だとキツいサイズだが、ローダウンさせた90ヴォクシーでは、ジャストだった。

【関連記事】バンライフはいま「天然木」ブーム! すぐにできるDIYカスタムと注意点をお教えします

新型ヴォクシー・19インチ・ホイール・ベルサスVV21S

 今回検証をお願いした大阪府高槻市のヴォクシーを得意とするショップ、ジールによると「新型ヴォクシーは3ナンバー専用サイズになり、今までの80系ノア&ヴォクシーよりは50エスティマに近い感覚でホイールが選べそうです」ということだ。

ヴォクシー

 今回チョイスしたサイズ、19×8.5・インセット45は80ヴォクシーではフロントフェンダーからハミ出ていたサイズ。この点から考えると80系と90系のホイールセッティングはベツモノ。90系ヴォクシーでは綺麗に収まっている。

新型ヴォクシー・19インチ・ホイール・ベルサスVV21S

今度は80系で定番サイズの19インチを装着!

 次に80系のヴォクシーでは定番となっていた19×8・インセット48を履かせてみた。80系のヴォクシーではジャストな履き心地となったサイズ。履かせているホイールはベルサスVT125Sとなる。

ヴォクシー・ベルサスVT125S・19インチ

 ローダウンさせた90系ヴォクシーに80系ヴォクシー用ホイールをそのまま履かせると、ホイールの出面はフェンダーから少し内側に入り、少し余裕があるといった印象。90系自体はフロントのほうがインナーリムとショックアブソーバとの間隔が広いので、このような状態となった。

ヴォクシー・ベルサスVT125S・19インチ

ファミリー層に人気の18インチではどうなる?

 次に18インチを試してみることにした。サイズは18×7.0・インセット48だ。履かせているホイールはベルサス・ストラテジーア・ヴォウジェ。

ヴォクシー・18インチ・ベルサス・ストラテジーア・ヴォウジェ

 見た目と乗り心地を両立させた18インチは、ファミリー層に支持が高いサイズだ。ただし今回用意したサイズを履かせるとフェンダーよりもホイールの出面が少し車体側に入るという結果になった。

ヴォクシー・18インチ・ベルサス・ストラテジーア・ヴォウジェ

画像ギャラリー