スズキ「ジムニー」純正ホイールにベストなオフロードタイヤとは? 注目銘柄とリスクをお教えします (1/2ページ)

スズキ「ジムニー」純正ホイールにベストなオフロードタイヤとは? 注目銘柄とリスクをお教えします

この記事をまとめると

  • オフロードタイヤが「映える」と流行中
  • ノーマル車でも履ける4サイズを紹介
  • オープンカントリーやジオランダーが人気

キャンプ場でも街でも最高に映える魅惑のオフロードタイヤが流行中

 2018年の発売から4年が経ち、現在は3型となったJB64Wジムニー。今なお人気は衰え知らずで、バックオーダーの長い行列は解消されていない。それだけに、納車されると「#ジムニー納車」をつけてSNSで喜びを爆発させる例もチラホラ。それを見ながら悶々としている人も多いだろう。

 さて、そんな「#ジムニー納車待ち」にも、すでにジムニーに乗っているというユーザーにもオススメなのが、オフロードタイヤの導入だ。もちろん純正タイヤも性能的には優秀なのだが、ことジムニーに関しては、ボコボコしたオフロードタイヤに履き替えるカスタムが流行している。

 本来、こうしたタイヤは不整地を走るために作られたもの。砂利や土、ぬかるみといった道でもスタックしにくく、しっかりとトラクションが掛かるようにボコボコしているわけだが、その見た目が迫力満点でカッコイイのだ。ガチのオフロードだけでなく、キャンプ場でも街でも映えるから、一般ユーザーにも大人気というわけ。

 だがこの手のタイヤはけっこう種類が多い。AT(オールテレーン)もあればMT(マッドテレーン)もあり、さらにはRT(ラギッドテレーン)なんてのもある。またサイズを見誤るとインナーフェンダーに干渉したり、フェンダーからはみ出してアウトというケースも少なくない。初心者はどれを選べばいいか迷ってしまうところだが、今回は編集部オススメの最新オフロードタイヤをご紹介。ぜひ参考にしてもらいたい。

まずは履けるタイヤサイズを確認! 大きいほど見栄えがいいがリスクも

 だが、その前にタイヤサイズについておさらいしておこう。64ジムニーの純正タイヤはブリヂストン・デューラーH/T684 IIで、サイズは175/80R16。計算上のタイヤ外径は686ミリ。デューラーはSUV向けのブランドながら、H/Tシリーズはオフよりオンロードでの低燃費性能や操縦安定性が重視されており、トレッドパターンもおとなしい。見た目は一般的な乗用タイヤとさほど違いはない。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

純正のタイヤ仕様画像はこちら

 これをボコボコタイヤに変更したいわけだが、基本的にこうしたタイヤは外径が大きく、幅も広いほど見栄えが良くなる。とはいえやりすぎるとメーターの狂い、はみ出し、インナーへの干渉といったリスクが出てくる上、燃費や静粛性、オンロードでの乗り心地が悪化するというデメリットもある。大きくするにも限度があるのだ。そのあたりを踏まえた、めぼしいサイズは以下の4種類。

1:175/80R16(外径:686ミリ)
純正同サイズ。リスクを最小限にしつつ見た目をボコボコさせたい人向け

2:185/85R16(外径:721ミリ)
純正のワンサイズUP。外径が大きくなることで車高が15ミリ強上がる

3:195R16(外径:726ミリ)
さらに外径が大きくなる(車高20ミリUP)。タイヤ銘柄は限られる

4:215/70R16(外径:707ミリ)
外径はそこそこだが幅がワイドに。フェンダーには収まるがやや際どい

※いずれも純正ホイールサイズ(16inch×5.5J+22)に組むことを想定

 1は純正同サイズだから安心であり、2も車検で引っかかる可能性は低い。3、4についても干渉などのリスクは低く、ぎりぎりフェンダー内にも収まるのだが、確実にOKとはいえない。車検にプライオリティを置くユーザーは、選ばない方が無難だろう。

 ともあれこれらのサイズのオフロードタイヤは、ジムニー人気を受けて各社ラインアップを強化中。次々と新しい商品が登場している。その中でも2022年の今、有力と思われる銘柄をピックアップしてみた。

支持率は間違いなくトップクラス! 大本命「オープンカントリー」

 ジムニー用ボコボコタイヤの最右翼といえば、トーヨータイヤのオープンカントリーシリーズ。なかでも売れ筋は同社独自の「R/T(ラギッドテレーン)」パターンを採用したオープンカントリーR/Tだ。オフロードタイヤでもオンロード寄りな性能を持つAT(オールテレーン)と、オフロードに特化したM/T(マッドテレーン)が存在するが、いわばそれらのハイブリッドバージョンがRT。実際にトレッド中央部はATパターン、左右部はMTパターンという組み合わせになっている。

オープンカントリーR/T画像はこちら

 ATタイヤでは物足りないが、MTタイヤは街乗りの使い勝手が不安……というユーザーにウケて大ヒット。ゴツゴツ系のタイヤなのに、舗装路でも静かで乗り味も比較的ソフトだ。値段もお手頃で、本命サイズの185/85R16は片側ホワイトレター仕様となっており、今どきのニーズを高レベルで満たしている。人気なのも納得だ。

 本格派のオープンカントリーM/T-Rも支持率高し。これはオープンカントリーM/Tの派生モデルで、とくにオフロードレースで使うために開発された走破性能重視の1本。ジムニー向けは195R16のみとなる。オンロードでの静かさや快適さではR/Tに一歩譲るが、ガチ感が欲しい、実際に林道をガンガン走りたいという人にオススメだ。

 また従来、ATタイヤのオープンカントリーA/Tプラスという商品があったが、それが先日「オープンカントリーA/T III」にモデルチェンジ。トレッドパターンも一新され、ATタイヤながら程よくデコボコ感も味わえるスタイルに生まれ変わった。むろん見た目だけでなく、オフロード性能やスノー制動性能もアップしている。要注目のタイヤだ。

【トーヨータイヤ・オープンカントリーシリーズ おもなジムニー向け商品一覧】

●オープンカントリーR/T
185/85R16(片側ホワイトレター)、215/70R16

●オープンカントリーM/T-R
195R16

●オープンカントリーA/T III
175/80R16、215/70 R16

●オープンカントリーA/T EX
215/70R16(アウトサイドホワイトレター)

画像ギャラリー