ホイールの軽量化はミニバンでも効果ある? バネ下の軽さがもたらすメリットは「速さ」だけじゃなかった (1/2ページ)

ホイールの軽量化はミニバンでも効果ある? バネ下の軽さがもたらすメリットは「速さ」だけじゃなかった

この記事をまとめると

  • ホイールを軽くするとバネ下重量が小さくなる
  • さらにタイヤの回転時の慣性も小さくなる
  • デイリーカーでも感じられるメリットを解説

バネ下の軽量化はボディの10倍の効果がある!?

 レーシングカーやサーキットユーザーは「ホイールを少しでも軽く」が合い言葉のようになっている。その理由は、バネ下重量の軽量化は走りに効くからだという。

 この「バネ下重量」とは、サスペンションのスプリングよりもタイヤ側の部分の重量のことで、タイヤやホイール、サスペンションのアップライト、ブレーキなどが該当する。この部分が軽くなると、タイヤは上下に動きやすくなり、路面追従性が上がるので普通の軽量化の10倍もの効果があると言われている。

 では、ボディを10kg軽量化して0.1秒速くなったとして、バネ下を10kg軽量化したら1秒も速くなるのかと聞かれると、時と場合によるとしか言いようがないが……。ともかく、バネ下重量を軽くしたほうが圧倒的な効果を得られると言われている。

 タイムを競うレーシングカーでは、ホイールが軽くなることで路面追従性が向上し、クルマの動きも軽く感じられるようになる。それがタイムにつながるわけである。

 ならば、街乗り用のミニバンには関係ないのか、というとそんなことはない。ミニバンにもしっかりと効果がある。

ホイールの軽量化がデイリーカーでもメリットの大きい理由

画像ギャラリー