キャンプ行くなら「ハイエース」と「アルファード」どっち? アウトドアのプロが語るそれぞれのメリット・デメリット (1/2ページ)

キャンプ行くなら「ハイエース」と「アルファード」どっち? アウトドアのプロが語るそれぞれのメリット・デメリット

トヨタが誇る究極のワンボックスと至高のミニバン

 アウトドアやキャンプに出かけるクルマとしてSUVとともに人気なのが、乗用ミニバンやトヨタ・ハイエースのようなワンボックスだ。より大空間な室内スペースを備え、シートアレンジによって車内をお座敷化、ベッド化しやすく、室内高の余裕を生かし、大きくシートアレンジをしないまでも、車内で寛ぎやすいのがその理由である。

 では、今、ファミリーからVIPにまで大人気の超豪華ミニバンのトヨタ・アルファードと、キャンピングカーのベース車としても絶大な人気を誇る商用バンのハイエースを比べたとき、どちらがアウトドア、キャンプに行くのに適しているかを検証したい(ハイエースはノーマル車両基準)。

一家に1台で全てをこなすならアルファード

 ここで両車の室内寸法を比較してみると、アルファードは室内長3210mm×室内幅1590mm×室内高1400mm。対するハイエースはグレード、仕様にもよるが、室内長3525~3715mm×室内幅1695~1730mm×室内高1390~1695mmとなる。スペース的には、ハイエースがリードしていることは間違いなさそうだ。

 ところで、アウトドアやキャンプの適合性について説明する前に、まずひとつ考えなくてはならないのは、両車をアウトドア&キャンプ専用車(セカンドカー)として使うのか否かだ。普段使いと共用するのであれば、当然、装備、快適性、車内の静粛性、動力性能、乗り心地、先進運転支援機能の充実度などで、国産ハイエンドミニバンたるアルファードが勝ることは間違いない。

 そしてアウトドア、キャンプフィールドまでの距離が遠ければ遠いほど、全席ともより快適に移動できるため、疲れない。ハイエンドミニバン、乗用ミニバンならではのメリットはその点では絶大だ。なにしろVIPがクラウンやレクサスLSを退けて選んでいるほどのミニバンなのだから。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

トヨタ・ハイエースとアルファードをアウトドア目線で比較画像はこちら

 ただし、アウトドア&キャンプフィールドにアルファードが似合うかは微妙で、グレードによってはアウトドア&キャンプに不向きな、豪華すぎてシートアレンジ性に物足りない2列目キャプテンシートもあるから要注意。車内をお座敷化、ダブルベッド化するのであれば、上級グレードのエグゼクティブラウンジシート、エグゼクティブパワーシート仕様は避けたほうが良い。お座敷化、ダブルベッド化しやすいベンチシート、中寄せしてセミベンチシートアレンジも可能なリラックスキャプテンシート仕様を選ぶべきである。