サーキット初心者のためのリスク回避走行テクニックとは? 走行ライン譲るときはウインカーで意思表示しよう (1/2ページ)

サーキット初心者のためのリスク回避走行テクニックとは? 走行ライン譲るときはウインカーで意思表示しよう

抜かれる術を習得することがサーキット上達の第一歩

 サーキットビギナーが安全にスポーツ走行を楽しむうえで重要なことは、まず自分のペースを守ること。ほかの走行会の参加者とスキルの差は当然あるにせよ、同じ車種でもタイヤが違えばタイムも違うし、自分の愛車よりも排気量が小さいクルマ、パワーがないクルマでも、チューニング次第でもっと速いタイムが出せることも珍しくはない。だからまわりのクルマのペースに惑わされず、無理せず自分のクルマと相談して走り続けるのが第一だ。ちなみに速いクルマ、速い人は、勝手に抜いていってくれるので、自分は前だけ真っ直ぐ見て集中して走るようにしよう。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

後続車は勝手に抜いていってくれるので自分の意思表示が大切

 とはいえ速いクルマが後ろから迫ってくるとドキドキするもの。スムースに譲るには、ウインカーを使って譲る意思を後続車に伝えるのがベストだ。大事なのは、相手に抜いていってもらいたい方向ではなく、公道と同じく自分のクルマが避ける方向にウインカーを出すこと。その際レコードラインは無視してOKで、後続車が後ろに迫ってきたとき、コースのイン側・アウト側どちらでも構わないので、なるべく小さな進路変更でコースの端に寄れる方向にウインカーを出して道を譲ろう。このとき、ブレーキを踏んだりアクセルを戻しし過ぎると一気に車間が詰まり過ぎて危ないので、譲るときは少しだけアクセルを戻してペースを落とすだけにするのがコツだ。