日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは? (1/2ページ)

日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

SUVも電動化の時代! アウトドアで使い倒せるその理由とは

 これからのクルマは電動の時代だ。ひとくちで電動車と言っても、いわゆる電気自動車=BEV(バッテリーEV=ピュアEV)だけを指すのではなく、HV(ハイブリッドカー)やPHV&PHEV(プラグイン・ハイブリッドカー)も含まれる。そこでアウトドアシーンで使える電動SUV選びの最適解を考えてみたい。ちなみにアウトドアでは最低地上高に余裕があり、走破性に優れたSUVが適しているのは当然としても、電動SUVでアウトドアに出かけるとどんなメリットがあるのかがメインテーマとなる。

キャンプが快適になるAC100V/1500Wコンセントは必要不可欠

 アウトドアで電動車のを使うメリットのひとつが、アウトドアフィールド内を走行する際、EVモードで走れば排気ガスを出すことなく静かに移動できる点だ。夜間、緊急でコンビニなどに出かけなくてはならないシーンでも、周囲への迷惑は最小限で済む。

 そして何といってもアウトドアで役に立ち、キャンプでの快適性を一段と高めてくれるのが、クルマを電源として活用できる電動車ならではのAC100V/1500Wコンセントの装備だ。アウトドアやキャンプにおいて、車内外で1500Wまでのコーヒーメーカーや簡易電子レンジ、照明などを使うことができ、ワーケーションであればノートパソコンの電源を供給できるからとても便利だ。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

新型エクストレイルのAC100V/1500W電源画像はこちら