1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは (1/2ページ)

1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

この記事をまとめると

  • フェラーリのフラッグシップは、2+2のV12グラントゥリズモだった
  • 1972年にデビューしたフェラーリ「365GT4 2+2」
  • ベテランが、覚悟を決めて手に入れるべきモデル

実用的なリヤコンパートメントを持った、初めてのフェラーリとは?

 イタリア的「ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」を体現した華やかさと、スポーツカーにふさわしい動力性能。そして長距離ドライブにも好適な、実用的な室内レイアウトを求める富裕層にとって、フェラーリのフラッグシップたるべきモデルはつねに、2+2のV12グラントゥリズモであった。中でも、今からちょうど半世紀前、1972年にデビューしたフェラーリ「365GT4 2+2」は、現在の「GTCルッソ」に至る近代2+2フェラーリの源流ともいえるだろう。

フェラーリのゴージャスなV12クーペ「365GT4 2+2」

 1972年のパリ・サロンにて本格的4シーターGTとして誕生した365GT4 2+2は、前任にあたる「365GTC/4」の2500mmから2700mmまで延長されたホイールベースを生かしたフル4シーター。スタイリングはフォーマルなノッチバック型とされ、類まれなエレガンツァと高い実用性を両立したモデルである。

 そのかたわらV12エンジンは、365GTC/4譲りの4.4L 4カムシャフトで、最高出力は340psを発生。5速MTのみが組み合わされ、パフォーマンスでは365GTC/4から大きく後退することはなかった。

 ボディデザインを指揮したのは、当時ピニンファリーナに所属していた名デザイナー、レオナルド・フィオラヴァンティとされる。そして、彼が今なお自身の傑作と称するピニンファリーナ製クーペボディは、同時期のピニンファリーナ作品である「フィアット130クーペ」や「ロールス・ロイス・カマルグ」など、アルド・ブロヴァローネやパオロ・マルティンら、ピニンファリーナの名だたるスタイリストたちとともに構築したデザイン哲学を反映したものといえよう。

 ところでこの時代のフェラーリでも、スポーティなベルリネッタモデルはモデナの「スカリエッティ」で架装されていたのだが、これらゴージャスなGTはデザインワークを担当したピニンファリーナが、自らコーチワークまで行うのがならわしだった。トリノ近郊に設けたワークショップにてインテリアも備えた車体を架装したのち、すべてがマラネッロのフェラーリ本社工場に送られ、機械部品の組み立てが完了することになっていたのだ。

 1976年になると、365GT4 2+2はV12エンジンを4.8Lに拡大した「400GT(5速MT)/400AT(3速AT)」に発展。1972年から1976年の間に製作された365GT4 2+2は525台と、当時のフェラーリとしてもかなり少ない台数であった。

ヤングタイマーなフェラーリも徐々に値が上がりつつある昨今だが、1000万円以下でオークションで取引されている跳ね馬も存在する。しかし、手頃なプライスには理由があった。購入後は「F40」よりもメンテナンスに手がかかると言われる4座フェラーリを紹介する。