クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「カスタム続けて26年」初めて購入したトヨタ「80スープラ」にゾッコン! もはや「スープラ」の面影なし!
CUSTOM
share:

「カスタム続けて26年」初めて購入したトヨタ「80スープラ」にゾッコン! もはや「スープラ」の面影なし!

投稿日:

TEXT: 青木邦敏 PHOTO: 青木邦敏

  • 80スープラの面影を感じさせない鋭い表情が印象的だ

購入から26年間ずっとカスタムを続けてきた「スープラ」

 免許を取得して初めて自分で買ったクルマだったというあっくん。購入時は車検対応マフラー以外はフルノーマルだったが、少しずつカスタムを続けていくうちに、現在のスタイルになったという。このクルマの正体はトヨタ「80スープラ」。自分が思い描く理想のスーパーカー像をひたすら追い求めて完成させたマシンであった。

アブフラッグのボディキットをベースにオリジナルデザインに

「1996年5月にこの80スープラを購入しました」と話すあっくん。所有してから26年間、誰ともカブることがない自分だけのオリジナルカーとしてカスタムの道を歩み続けた。

 基本的にエクステリアはワンオフだが、ベースになるエアロキットが存在している。それが、2000年に東京オートサロンに登場し、話題になったアブフラッグのコンプリートモデル「Abflug(アブフラッグ)S900」だ。当時、2mを超えるワイドボディキットはとても珍しく、その迫力は凄まじかった。そして、ロングノーズの伸びやかさを基調する大胆なスリットも印象的だった。

 衝撃的なルックスを持つAbflug S900は姿は、スポーツカーとして最高にカッコ良かったが、やはり80スープラらしさが残っていた。むしろ、あえて80スープラらしさを残したデザインであった。

 しかし、あっくんが自らの愛車に求めていたのは、ベースは80スープラであっても、その印象はまるで違うクルマ。

「アブフラッグ製のボディキットがスポーツカーを主張するなら、自分はスーパーカーとして認められるボディメイキングを試みよう」とあっくんは思ったそうだ。装着したAbflug S900ボディキットをベースにデザインを練り、フロントフェイス、リヤクォーター、リヤバンパー、リヤテールに至るすべてのエクステリアに大胆なワンオフ加工を加えた。

 オーナー渾身のワンオフエアロなだけに、フォルム全体が自慢だが、特に注目して見てもらいたいのがリヤクォーターからテールにかけての処理だ。2ドアクーペを強調する流れるラインを作り出すために、あえてGTウイングを付けずに、リヤハッチを延長した一体式のカウルデザインを採用。テールもスーパーカーならワンテールと昔から思っていたので、アルファ ロメオ4CのテールにBMW Z4のバックランプを組み合わせて装着している。

 また、リヤゲートはランボルギーニ・アヴェンタドールが大好きなので、それをイメージして作り込んだハッチを装着。ベースに使ったのはヴェイルサイド製ということだった。

 こうして完成した80スープラは、フロントフェイスも独自の表情になるようにフロントバンパーを加工してヘッドライトごと覆うことで正体不明のスーパーカーとして生まれ変わった。その姿からは、まさか80スープラとは思えない姿のマシンに仕上がっている。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS