クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 60万円で購入して1500万円かけてカスタム! トヨタ「JZA70スープラ」とオーナーの愛あふれる19年とは
CUSTOM
share:

60万円で購入して1500万円かけてカスタム! トヨタ「JZA70スープラ」とオーナーの愛あふれる19年とは

投稿日:

TEXT: 青木邦敏 PHOTO: 青木邦敏

  • 内装に注目してもらいたい。70スープラなのに80スープラのインテリアを持つ

スピードジャンキーの欲求にゴールはない

 昭和のオトコ達を虜にしたクルマは数多くあるが、個性的でゴージャスで、ワクワクさせるモデルといえばトヨタ「70スープラ」は外せない。当時、クルマ選びの最優先事項はスポーティでありカッコ良くて速いことであった。

 この70スープラは、スーパーカーブームを経験した世代みんなが魅力的だと感じるパカライト(リトラクタブルヘッドライト)、ロングノーズ、クーペスタイルを持っていた。そして、直6ツインカム、インタークーラー付きツインターボというハイテクメカにも憧れたものだ。今回はそんな70スープラを自分の理想とするべく19年もの歳月と膨大な費用かけ、熱い心意気でカスタムに挑んだオーナー渾身の愛車を紹介しよう。

60万円で購入した70スープラとの19年間

 今からさかのぼること19年前に60万円で購入したという冨沢雅也さんの70スープラ。当初、ドレスアップ目的でカスタムマイズを楽しんでいたが、次第にハイパワーを持つチューニングカーならではの強烈な加速に目覚め、その方向性をゼロヨン、ドラッグ仕様へと変更したという。

 70スープラらしさを崩さないスタイルは、オーナーの愛情というべきモディファイにある。フロントスポイラーは純正改としながら、スープラオーナーズクラブが作ったリップスポイラーを装着。そこに、アブフラッグの汎用デュフューザーを組み合わせている。

 また、サイドステップとカナードはボメックス製で、テールはドラッグスタイルを強調させるために鉄板でエンド部分を延長させたワンオフウイングがシンプルでカッコ良い。テールはIPF丸テール仕様にしているのが印象的だ。

 エンジンについては、オリジナルの1JZから2JZエンジンに載せ替えたフルチューンユニットを搭載。本体はHKS製鍛造ピストン、東名製コンロッド、トラスト製サージタンクをセットした3.1L仕様で、タービンはGCG2871Rを2基セット。どうしてもツインターボにしたくてあえて小型のタービン(1基2Lシングルターボ級)を選んでセットしている。

 さらにこのクルマはNOSも搭載。ここぞというタイミングでNOSを全噴射させると、そのパワーはブースト圧1.6kg/cm2時に実測で867psをマークするというから、その加速たるや……。

 このパワーに対応させるために、タイヤはドラッグ専用モデルに交換。駆動輪となるリヤには、ゼロヨンマシンであることを主張できるサイドウォールの分厚い迫力満点のタイヤ──通称ドラスリことHoosier製DUICK PROを履かせている。ドライブシャフトは純正のままだが、デフはクスコ製強化LSDをセットしてハイパワーを受け止める。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS