クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 宅急便の車両がキッチンカーとして再注目! トヨタ「クイックデリバリー」は移動販売車にバッチリの資質を持っていました
CUSTOM
share:

宅急便の車両がキッチンカーとして再注目! トヨタ「クイックデリバリー」は移動販売車にバッチリの資質を持っていました

投稿日:

TEXT: 勝村大輔 PHOTO: 勝村大輔/鶴金社中

  • 1999年式トヨタ・クイックデリバリー

レンタルキッチンカーの「鶴金社中」で珍しいモデルを見学

 店舗を持つよりもハードルが低いことから、飲食業界への第一歩として注目を集めている「キッチンカー」。東京都練馬区でキッチンカーのレンタルを行っている会社「鶴金社中(つるきんしゃちゅう)」では、一般的な現行車両はもちろん、ビンテージカーをベースにしたキッチンカーもレンタル可能だ。今回は変わり種として、かつて某宅急便のために開発されたと言われるトヨタ「クイックデリバリー」をベースとしたキッチンカーを紹介しよう。

かつては全国津々浦々で見かけた日本を代表するデリバリーカーがベース

 東京都練馬区でキッチンカーのレンタルを行っている鶴金社中が所有する数多くのレンタルキッチンカーの中から、クラシックカーをべースとした珍しいキッチンカーをいくつか紹介してもらった。今回は、かつてヤマト運輸のためにトヨタが開発し1982年に登場した「クイックデリバリー」をベースとしたキッチンカーを紹介しよう。

 クイックデリバリーはのちに一般にも販売されただけでなく、ヤマト運輸からも大量に払い下げ車が流通しているため、20年以上も前の車両がこうやってキッチンカーとして今でも活躍しているというわけだ。

 ベースとなったのは1999年式のクイックデリバリー100で、3Lディーゼルエンジンと4速ATの仕様。ヤマト運輸の「車内で立ったまま作業ができる車両」との要望で製作されたクイックデリバリーだけに、車内の天井高も1.8m弱あり、まさにキッチンカーのベースとしては最適な一台というわけだ。また全長約4.5m、全幅1.7mと5ナンバーサイズのコンパクトな車体ゆえに、狭い場所でも走行でき、車両の設置場所も選ばないというメリットもある。

キッチンスペースには助手席側ドアからアクセス

 クイックデリバリーは運転席&助手席両側にスライドドアを持つが、ウォークスルーバンゆえにカーゴスペース専用のドアは無いのがほかの車両と異なる部分だ。そのため運転席&助手席とキッチンスペースの間の壁にスライドドアを設けてある。ちなみに助手席は簡単に畳むことができるため、助手席側ドアから、このスライドドアを通じてキッチンスペースにアクセスできる仕組み。もちろんリヤドアからも出入りできるので、これで十分というわけだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS