クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • キッチンカー開業予定者必見! レンタル可能な「シトロエンHバン」の超本格厨房をお見せします!
CLASSIC
share:

キッチンカー開業予定者必見! レンタル可能な「シトロエンHバン」の超本格厨房をお見せします!

投稿日:

TEXT: 勝村大輔 PHOTO: 勝村大輔/鶴金社中

  • 1964年式シトロエンHバン

ビンテージカーのキッチンカーは存在自体が看板となる

 店舗を持つよりもハードルが低いことから、飲食業界への第一歩として注目を集めている「キッチンカー」。東京都練馬区でキッチンカーのレンタルを行っている会社「鶴金社中(つるきんしゃちゅう)」では、一般的な現行車両はもちろん、ビンテージカーをベースにしたキッチンカーもレンタル可能だ。今回は、スクエアなボディと独特のシルエットが特徴のフランス商用車「シトロエンHバン」がベースのキッチンカーを紹介しよう。

ワーゲンバスと双璧をなすキッチンカーの人気ベース車

 東京都練馬区でキッチンカーのレンタルを行っている鶴金社中が所有する数多くのレンタルキッチンカーの中から、ビンテージカーをべースとした珍しいキッチンカーを紹介してもらった。こちらは、独特のスタイルで走る広告塔とも言われるシトロエン「H(アッシュ)バン」だ。スクエアなボディで、フラットな床を持つHバンは古くから救急車やマイクロバス、キャンピングカーなどをボディ架装するベース車となっており、移動販売車に改造された車両も多い。

 シトロエンHバンは、正式には「ティープアッシュ(type H)」と呼ばれる。1947年から1981年までほとんど基本形状を変えることなく販売されたベストセラーで、標準ボディのほか、ロングボディも用意された。Hバンがキッチンカーとして人気となったのには大きな理由がある。それは、車両そのものがFFレイアウトゆえに後部のフロア下に何も配置する必要がなく、フロアがフラットで低い位置にあるという点だ。そのため標準のボディでも室内高1.8m弱を確保でき、車内で立ったまま作業ができるのだ。

長い生産期間の中でも貴重な60年代のHバンがベース

 鶴金社中ではHバンを複数台所有しているが、今回紹介してもらったのは、1964年式をベースとしたキッチンカーだ。後部のキッチンスペースを見る前にまずは運転席を見てみよう。ドアは後ろヒンジで前から開く、通常とは逆の構造となっている。これは乗り降りの際に足元が狭くならないための工夫と言われ、1960年台後半のモデルから徐々に通常のフロントヒンジに変更となるため、ビンテージモデルの象徴となっている。シートも独特で、フレームにクッション部分を敷いただけというシンプルな構造だ。いうならば小学校の椅子と防災頭巾の関係に近いといえばわかりやすいだろうか。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS