「アバルト595」がライトチューンだけで激速に!? 実際にサーキットアタックで検証しました (1/2ページ)

「アバルト595」がライトチューンだけで激速に!? 実際にサーキットアタックで検証しました

4WD王国の北海道でもFFアバルトの人気が上昇中!?

 チューニングのベースとしても人気急上昇中のイタリアン・ホットハッチ、「アバルト595」。4WDが主流(?)と言われる北海道においても、じつはアバルト人気が高まっているという。その人気の秘密を十勝スピードウェイにて探ってきた。

日本のチューニングメーカーもパーツを開発

 イタフラ好きの間での人気は以前から不動のものだったが、最近、急速に国産車からの乗り換え組が増えている「アバルト595」。

 その理由は見た目のかわいさももちろんだが、何と言ってもそのパッケージが熱い! とくにもっともホットなモデルの「595コンペティツィオーネ」は1.4Lターボエンジンを搭載する。180ps/23.5kg-mの出力を発揮し、車重はわずか1120kg。パワーウエイトレシオはそこそこだが、トルクウェイトレシオではかなりのものなのだ。

 フロントタイヤを駆動するFFレイアウトで、トランスミッションは5速MTとATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションを設定。後者はオートマ的なものだが、トルコンではなくクラッチを機械が操作してくれるイメージで、2ペダルで乗れる。

 そんなアバルト595のパッケージに注目し、国内パーツメーカー大手のHKSやBLITZもパーツ開発に乗り出しているのだ。

十勝スピードウェイで「クルーズ」のデモカーをテストしてみた

 今回取材したアバルト595は、札幌のチューニングショップ「クルーズ」のデモカーだ。クルーズはタイムアタックやドラッグレースでも知られたお店で、GT-Rシリーズやランエボ、インプレッサ、WRX系などのチューニングを得意としてきたが、札幌という土地柄、幅広いユーザーに対応。ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニの顧客も多く、輸入車のチューニングも行っている。そこで注目したのがアバルト595コンペティツィオーネなのだ。

 デモカーはサスペンションにHKS VIITSをツルシで装着する。タイヤはヨコハマADVAN A052で、ブレーキパッドはENDLESS TYPE-Rをチョイス。ECUを得意とする自社で純正ECUを書き換えてある。マフラーもHKS VIITS。チューニングメニューはたったこれだけだ。

【関連記事】17歳で日産「R33GT-R」オーナーになった女子高生の「いま」とは? D1ドライバーを目指してただいま修行中!

最新チューンを施した「アバルト595コンペティツィオーネ」画像はこちら

 ところが、これだけで筆者が十勝スピードウェイ・クラブマンコースで乗って1分42秒7をマーク。タイム的にはまだまだ上げる余地があるものの、なんといってもアバルト595の痛快さがたまらない。

 加速はかなり鋭い。純正タービンでもやや低回転がもたつくが、それはタービンが大きいがゆえ。3000回転ほどからは強烈な加速を堪能できる。ECUチューンによって40ps上乗せされたピークパワーは220psほど。それが1120kgの車重なので、刺激的な加速も納得というものだ。

 ハンドリングはHKSのサスペンションがしなやかに仕上がっているおかげもあって、破綻することなくどこまでも弱アンダーステアで安心して走れる。純正シートがサベルト製のセミバケットタイプで、ベルトホールもあるのでフルハーネスを装着すれば、サーキットもそれなりにカラダを固定して走れる。