バブル期にラッセンと人気を二分したヒロ・ヤマガタのアートカーがオークションに登場! ベンツをキャンバスにした「アースリー・パラダイス」とは (1/2ページ)

バブル期にラッセンと人気を二分したヒロ・ヤマガタのアートカーがオークションに登場! ベンツをキャンバスにした「アースリー・パラダイス」とは

バブル期に日本でも大人気だったヒロ・ヤマガタ

 2022年8月中旬に北米カリフォルニア州モントレー半島一円で開催された「モントレー・カーウィーク」における最大規模のオークション、RMサザビーズ「Monterey」では、フェラーリを筆頭とする素晴らしいクラシックカー/コレクターズカーたちとともに、1台の非常に珍しいアート作品が出品された。

「アートカー」と呼ばれるジャンルを象徴するとも言われる1台。1980~90年代に、かのヒロ・ヤマガタ氏がメルセデス・ベンツ「220カブリオレA」をキャンバスとして描いた作品群「アースリー・パラダイス」のひとつである。

ベースはメルセデス・ベンツの希少なカブリオレ

 長年、北米ロサンゼルスに在住している日本出身のシルクスクリーン画家、ヒロ・ヤマガタは、ある目的のために「メルセデス・ベンツ220カブリオレAの現代的レストアの第一人者」と呼ばれるに相応しい存在となった。

 1980年代後半から、ヤマガタは世界中から約30台もの220カブリオレAを自ら蒐集した。そして、ボディはもちろん、内装のウッドワークやラジオの金具に至るまで、専門職人の手によって丁寧なレストアを施させた。しかし完成したメルセデスは、乗ることも、コンクール・デレガンスに出品することもなかった。ヤマガタの芸術的センスの見せどころとなる、いわばキャンバスとなったのだ。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

ヒロ・ヤマガタのアートカー「メルセデス・ベンツ220カブリオレA」

 ボディは白いマットなアクリルペイントで仕上げられ、そのボディパネル全面がヤマガタのフロントバンパーからリヤバンパーに至るアートワークのための下地となった。

 美術評論家のサム・ハンターは、「工業製品としてのクルマの象徴を逆転させ、自然との調和をもたらした」と述べている。鮮やかで美しい鳥や花などの自然の風景がデザインされ、ジャングルや熱帯夜を思わせるエキゾチックなテーブルを作り出している。

 ヤマガタ画伯はこの作品についてインタビューを受けた際に「私が描く風景は、ドリーミーだとかサイケデリックだとか言われることがあります。陸や海の動植物をよく見れば、自然界にはサイケデリックな色や生き物があふれているんです。私は自然界から絵を描いているだけなんです」と答えたという。

 ヤマガタのアートカーは「アースリー・パラダイス(Earthly Paradise:地上の楽園)」シリーズと名づけられ、ロサンゼルス市立美術館や1995年の第46回「ヴェネツィア・ビエンナーレ」などに展示。さらに1997年にかけて、日本の神戸を含む世界各国の美術館で巡回展覧会に供されることになる。

 これらの展覧会の多くは、ビート派の詩人アレン・ギンズバーグ氏とのコラボ企画とされ、ギンズバーグ氏は「地上の楽園」シリーズを補完するアート本を、ヤマガタとの共著で出版している。