クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • ラリージャパンの前哨戦だった全日本ラリー選手権最終戦、王者ヘイキ・コバライネンがタイトルを獲得!
SPORT
share:

ラリージャパンの前哨戦だった全日本ラリー選手権最終戦、王者ヘイキ・コバライネンがタイトルを獲得!

投稿日:

TEXT: 青山義明  PHOTO: 青山義明

  • 多彩なマシンが参戦していた

ハイランドマスターズ2022は好天の下で開催

 全日本ラリー選手権最終戦となる「第49回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2022」が2022年10月15日(土)~16日(日)の3日間、岐阜県高山市周辺で行われた。ギャラリーステージの一部ではダート路面があるが、基本的には舗装路面(ターマック)で開催。12のスペシャルステージは、約70kmに設定されており、総走行距離は約370kmとなる。

 今年はまだ紅葉も進んでおらず、落ち葉も少なめなコースとなっていた。当初、天気予報は下り坂となっていたが、その予報は後ろにずれていき、2日間ともに好天に恵まれた。全日本ラリー選手権では、この最終戦を前に、すでにJN3クラス以外のクラスでは今シーズンのタイトルも決定している。

 全日本ラリーJN1でタイトルを獲得した王者ヘイキ・コバライネン/北川紗衣組(AICELLOラックDL速心FABIA)が最終戦もしっかり走り切って、シーズン6勝目を挙げることとなった。なお2位には、奴田原文雄/東 駿吾(ADVANカヤバKTMS GRヤリス)、3位に勝田範彦/木村裕介組(GR YARIS GR4 Rally)が入る結果となった。

 タイトルが決まっていなかったJN3クラスは、竹内源樹/木村悟士組(YH CUSCO 大阪冷研 BRZ)が、北海道のグラベルラリーで2連勝していた山本悠太/立久井和子組(Sammy K-oneルブロスYH GR86)を下してタイトルを決定した。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS