クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 学校の校庭で「ヤリスWRC」が全開デモラン! 豊田市が企画した「ラリー盛り上げ」イベントが凄過ぎた
SPORT
share:

学校の校庭で「ヤリスWRC」が全開デモラン! 豊田市が企画した「ラリー盛り上げ」イベントが凄過ぎた

投稿日:

TEXT: 青山義明(AOYAMA Yoshiaki)  PHOTO: 青山義明

「とよたラリーウィーク」で街を挙げてプロモーションも積極展開中

 WRC(世界ラリー選手権)の一戦として組み込まれていた、ラリージャパンの開催が2年連続で中止となってしまった。そんななか、開催予定地である愛知県及び岐阜県では、ラリージャパン代替イベントともいえる「フォーラムエイト・セントラルラリー2021」が11月12日(金)〜14日(日)に開催される。本ラリーを控え、件の地元ではラリー熱が盛り上がりを見せている。今回は愛知県豊田市のさまざまな「ラリー盛り上げ企画」のうち、市内の小中学校で行われた現役WRCドライバーのデモランイベントについてリポートしよう。

小学校にWRCマシンがやってきた

 現在豊田市は、11月1日から14日までの期間を「とよたラリーウイーク2021」と位置づけて、ラリーチャレンジやセントラルラリーに向けてイベントを用意したり、映画「僕と彼女とラリーと」のイオンシネマ豊田KiTARAでの延長上映を実施。さらには市内中心部でラリーを啓蒙するラッピングやフラッグの掲出も実施するなど、ラリーの盛り上げを行っている。

 その一環として、11月8日、セントラルラリーのSS(スペシャルステージ)のひとつ「MIKAWAKO SS」の舞台である、下山地区の下山中学校および大沼小学校(この2校は同一敷地内にある)で生徒・児童たちのために、ヤリスWRCのデモランイベントが行われた。ヤリスWRCとちびっこ達 勝田貴元選手は、愛知県長久手市出身のラリードライバーのホープ。12歳から乗り始めたレーシングカートからスタートし、F3までステップアップしたのち、祖父・勝田照夫、父・勝田範彦のあとを追ってラリーの道に進む。勝田貴元選手

 現在はTOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラム所属ドライバーとして、ラリー世界選手権(WRC)に参戦。今季第6戦サファリ・ラリー・ケニアでは自己最高位となる総合2位表彰台を獲得している。

 デモランと前後して、TOYOTA Gazoo Racingのスタッフからラリー競技やWRCマシンについての入門となる講義が行われた。その後、勝田選手への質問コーナーに。

 今週末には地区内をラリーカーが走るということで、子どもたちも興味津々。「運転していて怖いと思ったことはありますか?」「ジャンプしているときはどんな感じですか?」「一番好きな道は?」「クルマ酔いしますか?」「ラリー中トイレに行きたくなったらどうしますか?」といったラリーに関する質問が飛び交った。勝田貴元選手

 また「今まで一番頑張ったことはなんですか?」「尊敬する人は誰ですか?」といった人生についての深い質問のほか、はたまた結婚や子どもといったプライベートなことまで質問がおよび、時折苦笑しながらも丁寧に答える勝田選手の姿が印象的だった。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS