50台集結!「ランチア」「セリカ」「インプレッサ」WRC参戦ベース車だけのマニアでディープなイベントとは (1/2ページ)

50台集結!「ランチア」「セリカ」「インプレッサ」WRC参戦ベース車だけのマニアでディープなイベントとは

セリカ/インプレッサ/デルタ/ランエボら約50台が岡山に集結

 2022年11月10~13日に、愛知県と岐阜県を舞台として開催される「ラリージャパン」。12年ぶりに日本へWRC(世界ラリー選手権)がやってくるとあって、SS(スペシャルステージ、一般道を閉鎖してタイムアタックを行う特別区間)、SSS(スーパースペシャルステージ、特設コースでのタイムアタック区間)の観戦チケットはすでに完売。10月1〜2日には、愛知県名古屋市の愛知県庁前で、「1Month to go! RALLY JAPAN!(ワンマンストゥーゴー!ラリージャパン!」が行われるなど、開催に向けて盛り上がりを見せています。

1990年にセリカによる日本車初のドライバーズタイトル獲得で人気に火が付いた

 日本でWRCの人気が高まったのは今回が初ではなく、30年以上前の1990年前後が第一次ブームの始まりで、今以上にクルマ好きを熱くしました。当時は市販車をベースにした「グループA」カテゴリーで争われていた時期で、イタリアのランチアが送り込んだデルタが絶対王者として君臨。トヨタを筆頭にスバル、三菱、マツダ、日産といった日本勢がフルタイム4WDのマシンを相次いで投入し、王者に挑むという図式でした。

 1990年はカルロス・サインツがトヨタ・セリカGT-FOUR(ST165)を駆り、日本車初のドライバーズ・タイトルに輝いたシーズンで、日本車が世界最高峰のカテゴリーを制したと話題に。以後、1990年代はトヨタ/スバル/三菱の日本車がWRCを席巻。ホモロゲーションモデルが相次いで製造されて人気を呼び、ラリー車のカラーリングを模したレプリカ車も数多く作られるとともに、イベントも頻繁に開催されるなど、カスタマイズシーンにおいてもWRCマシンはひとつのカテゴリーとして成立していました。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

ST165のラリーカー画像はこちら

全国各地に生息する熱狂的なWRCマシン好きだけが集まるディープなイベント

 しかし、1997年以降にベース車両に戦闘力を持たさずとも、大幅な改造を施してラリーカーに仕上げたマシンで参戦できる「ワールドラリーカー」規定に変更されて以降は、市販車からかけ離れた姿へと変わっていったため、徐々にブームは収束します。

 2004年に北海道でWRCが初開催されたことで、一時は人気を盛り返しましたが、2008年に唯一無二の国産マニュファクチャラーとなっていたスバルが撤退。日本車のワークス活動が途絶えたことで、WRCマシンを楽しむアフターマーケットは縮小してしまったといっていいでしょう。

 とはいえ、一時代を築いた1990年代のWRCのホモロゲーションマシンを愛するファンが途絶えたわけではなく、熱狂的なオーナーが全国に一定数存在。カーイベントに参加して同年代のWRCマシンを探すというマニアックな活動で楽しんでいる方が多いようです。

「きっと同じようなことをしているオーナーはいるはず。だったら、WRCホモロゲーションマシンが集まれるイベントができたらハッピーになれるのではないだろうか?」という思いから岡山で開催されたのが、「第1回WRCホモロゲモデルミーティング」です。

オフ会のイメージカット画像はこちら