クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 「ディフェンダー」が白馬に集結! 元ラグビー日本代表の福岡堅樹氏も登場したランドローバーづくしの2日間とは
カーライフ
share:

「ディフェンダー」が白馬に集結! 元ラグビー日本代表の福岡堅樹氏も登場したランドローバーづくしの2日間とは

投稿日:

TEXT: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)  PHOTO: 近藤浩之

2022年10月に開催された「DEFENDER DAY 2022 in HAKUBA」

「DEFENDER DAY 2022 in HAKUBA」は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンが主催する、年に1度の「ディフェンダー」のオーナー&ファンのためのイベント。ディフェンダーの走破性を体験できる各種の試乗プログラムのほか、体験型のコンテンツやグッズ・飲食などのブースが用意されるファンな2日間となっている。

ディフェンダーのオフロード走破性を感じられる多彩なコンテンツ

 2022年10月22日(土)~23日(日)の2日間にわたって開催された、「DEFENDER DAY 2022 in HAKUBA」。会場となったエイブル白馬五竜IIMORIには、ディフェンダーの走破性を体感できるコーナーや、さまざまな体験ができるプログラム、協賛・スポンサーブースなど多彩なコンテンツが用意されていた。

 ディフェンダーといえば1948年のランドローバー・シリーズ1から70年以上ずっとその走破性が魅力となって支持されてきた伝統のモデルだ。それだけに、高さ5m・最大傾斜43度のスロープでの安定した走行を体感できるツインテトラポッド(運転はインストラクター)、オフロードを模した30度以上のバンクと凹凸路を再現したミニテラポッドなど、クロスカントリー車としての魅力を十分に味わえる試乗コンテンツを設定。またインストラクターの運転で、ハードなダート走行を体験できるオフロードタクシーも参加者には人気となっていた。

 そのほかの走行コンテンツとして、スキー場のゲレンデを走行できるゲレンデドライブ、一般道を新型「レンジローバー」で走行できる試乗会も行われていた。また、試乗ではないが、会場で購入したサイドステップなどのパーツを工賃無料で取り付けるサービスも用意されており、これにはパーツ購入を考えていたオーナーは大いに喜んでいたようだ。

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS