クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • スズキ「スペーシア ベース」のアウトドア戦闘力に驚愕! 使い勝手も車中泊も死角なしの実力をプロが解説します
OUTDOOR
share:

スズキ「スペーシア ベース」のアウトドア戦闘力に驚愕! 使い勝手も車中泊も死角なしの実力をプロが解説します

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: 青山尚暉/スズキ/AMW編集部

  • 2022年8月に発売されたスズキ「スペーシア ベース」

軽商用車のカテゴリーで遊びに全振りした発想の勝利!

 スズキから2022年8月に新たに登場した、税金面でのメリット絶大な4ナンバーの軽商用車、「スペーシア ベース」。その実態は、スーパーハイト系軽自動車の「スペーシア」を基本に、マイナーチェンジ(MC)前の「スペーシア カスタム」の顔を与え、そしてスペーシアのクロスオーバーモデルである「スペーシア ギア」の撥水シート表皮やルーフレールを採用するなど、良いとこ取りをして、前席背後を軽商用車として仕立てたパッケージの持ち主と言っていい。

 なお、荷室の最大積載量は多くの軽商用車の350kgではなく、200kgになっている。これは市場調査に基づくもので、多くの軽商用車ユーザーの荷物の積載量が200kg以下だったからだという(じつはそれが乗り心地面で有利になったりする)。

 ここではそんなスペーシア ベースのアウトドア戦闘力について、すでにスペーシア ベースで愛犬とともにアウトドア、BBQなどを楽しんだ筆者の経験から解説したいと思う。

圧倒的な荷室の広さとアレンジ性

 アウトドアといえば、荷物の積載力が気になるところ。荷室床面地上高はスペーシアとまったく同じ540mmときわめて低く、荷室開口高1115mm、開口幅1005mm、2名乗車時の荷室長1375mm、荷室幅1265mm(4名乗車時)、荷室高1220mmという、フロアが低く、天井の高い広大な荷室スペースの持ち主(さらにルーフキャリアも活用できる)。

 スペーシア ベースの大きな特徴が、まずは荷室に実測サイズで幅1130mm×奥行き685mmの「マルチボード」を標準装備していること。これは下/中/上段にセットできるボードで、上段固定用のアタッチメント、固定用ネットも標準装備されている。

 そのマルチボードを下段にセットし(ボード下の収納スペースの高さ160mm)、前席の背もたれをほぼ水平に倒せば、マルチボードとつながるフロアが出現。その全長はフロア長で実測1740mmに達する。つまり、身長174cm前後の人なら、真っすぐに横になれるベッドスペースになるわけだ。

 純正アクセサリーとして用意されているリラックスクッションやブランケットクッション、そしてウインドウ全周を覆ってくれる、ジャストサイズのプライバシーシェード(メッシュ付き)を使えばスペーシア ベースの車内は完全なるプライベートスペースにアレンジできるというわけ。室内高が1405mmもあるため、寝ていても天井が高く、解放感があり、車内をお座敷化しても同様だ。前席のシート表皮はスペーシア ギアの撥水タイプだから、樹脂製となる荷室フロアとともに汚れや水気に強く、スペーシア ベースのアウトドア適性を加速させてくれるのだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS