クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 日産「NXクーペ」は「サニー」がベースだった! 一代限りの超マイナーなスペシャリティカーとは
CLASSIC
share:

日産「NXクーペ」は「サニー」がベースだった! 一代限りの超マイナーなスペシャリティカーとは

投稿日:

TEXT: 藤田竜太(FUJITA Ryuta)  PHOTO: Auto Messe Web編集部

7代目サニーをベースに開発されたスペシャリティカー

 トヨタ・カローラスポーツは今でも健在だが、その昔、カローラのライバルといえば日産のサニーだった。サニーは日産を代表するファミリーカーで、4ドアセダンが主体だが、初代から4代目まではスポーティーな2ドアクーペもあり、とくに2代目のB110はモータースポーツでも大活躍していた。6代目サニーの派生モデルで、クーペスタイルのRZ-1が投入され、その後継車として1990年に登場したのが今回取り上げるNXクーペだ。

 非常にオーソドックスな小型車だった、7代目サニー(B13型)がベースでメカニズムは共用。しかし、内外装ともに面白みのないB13サニーに対し、NXクーペは米国の働く女性をターゲットにした「セクレタリーカー」として開発された。

グリルレスが特徴的だったエクステリアデザイン

 エクステリアデザインは、日産デザインインターナショナル(NDI、現・NDA)が担当し、かなりカジュアルなスタイリングに仕上がっている。グリルレスのフロントエンド、少し引っ込んだライトなどは個性的で、米国市場向けにTバールーフも用意されていた。

 CGを使って、NXクーペのボディをクニャクニャさせるCMと、「タイムマシンかもしれない」というキャッチコピーも印象的だったが、国内ではイマイチ販売が振るわなかった……。

 車重も1050kgでわりと軽く、重心も低かったので、スポーツクーペとしての資質はそれなりにあった。タイヤも185/60-14だったため走りも期待できそうだったが、乗ってみるとそうでもなかった。

中古市場にはめったに出てこないレア度が高い1台に

 動力性能もマイルドだったし、ライバルのシビックがダブルウィッシュボーン、レビンがスーパーストラットなどを採用するなか、NXクーペは四輪ストラットで一世代前のFF車のハンドリングそのもの。

 全体的に仕上げが甘く、もっとスポーティに煮詰めてくれればよかったのにと思ったものだが、当時日産にはS13シルビアもあれば180SXもあり、NXクーペの兄弟車としてパルサーもあった。

 そう考えると、NXクーペまでスポーティ路線に向かう必要はなかったのかもしれないが、結果としてNDIによるカリフォルニア風スタイルと雰囲気だけのクーペになってしまい、デビューから4年後、1994年には一代限りで姿を消してしまうことに……。

 1万5000台ほどしか売れなかったので、稀少車なことは間違いなく(中古車も滅多に出回らない)、まずNXクーペ同士がすれ違うこともない。もし現在も所有している人がいれば、大事に乗り続けてほしい。

すべて表示
  • 藤田竜太(FUJITA Ryuta)
  • 藤田竜太(FUJITA Ryuta)
  • モータリング ライター。現在の愛車:日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)。物心が付いたときからクルマ好き。小・中学生時代はラジコンに夢中になり、大学3年生から自動車専門誌の編集部に出入りして、そのまま編集部に就職。20代半ばで、編集部を“卒業”し、モータリング ライターとして独立。90年代は積極的にレースに参戦し、入賞経験多数。特技は、少林寺拳法。
著者一覧 >


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS