200台のみのプジョー「205」が3000万円!? WRC参戦のためのホモロゲモデル「205 Turbo 16」とは (1/2ページ)

200台のみのプジョー「205」が3000万円!? WRC参戦のためのホモロゲモデル「205 Turbo 16」とは

日本でもエンスーに人気の高かった「205」

 プジョー「205」は、15年間という生産期間中に530万台が製造された、大ヒットモデルだ。とくに「GTI」は、ホットハッチという車種の代表ともいえるもので、日本でもプジョーというブランドの知名度を高めるのに貢献した。

プジョー「205」のホモロゲモデル

 プジョーはそんな205をベースとしたマシンでWRCへ参戦し、そこで16勝を挙げている。当時のWRCはグループBマシンで競われていたが、そのホモロゲーションを得るためには、同仕様のクルマを市販する必要があった。そこでつくられたのが、このプジョー「205ターボ16」である。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

プジョー「205ターボ16」

 もちろん、WRCで勝つためのマシンであるために、市販モデルの205とはさまざまな部分が違っている。というよりも、まったくの別物に205のボディを被せただけといったほうがいいだろう。

 ホモロゲーションの要件から200台がつくられたこの市販バージョンの205ターボ16は、Bピラー間にファイヤーウォールを設け、その後ろは鋼管スペースフレームとしている。

 そしてその部分に200psを発生するDOHC 16バルブの1.8L 4気筒ターボエンジンを横置きで搭載。つまり、リヤミッドシップレイアウトとしているのだ。

 トランスミッションは同じグループであるシトロエン「SM」用をベースとしたものとし、駆動はビスカスカップリング式4WDシステムとしていた。ボディはキャビンのみスチールで、その他の部分はケブラー製。大きく膨らんだリヤフェンダーには、オイルクーラーが装備されていた。