ダットサン「240Z」に三菱「トライトン」も参戦! 日本人も多数参加のアジアクロスカントリーラリーのマシンがタイに集結【AXCR2022】 (1/2ページ)

ダットサン「240Z」に三菱「トライトン」も参戦! 日本人も多数参加のアジアクロスカントリーラリーのマシンがタイに集結【AXCR2022】

11月21日~26日にかけて開催

 2022年11月21日(月)の車検日を前に、アジアンクロスカントリーラリー2022のサービスパークとなるタイ王国ブリーラムにあるチャーン・アリーナ前にある広場には、続々と車両が到着した。年に一度のアジア最大のラリーレイド競技に参加する参戦者とそのチームスタッフが集結している。

 アジアクロスカントリーラリー(AXCR)は、東南アジアを中心に開催されるFIA・FIM公認国際クロスカントリーラリーのひとつ。1996年に初開催し、以後毎年8月に開催されてきたが、2020年、2021年とコロナ禍の影響で開催はキャンセルとなった。

タイ~カンボジアの1450kmを走破

 3年ぶりとなる本大会は、11月に開催日程が大幅に移動され、11月21日に開幕。ブリーラムにあるチャーン・アリーナ・スタジアムでセレモニアルスタートから始まる。ブリーラムを拠点に4日間を走破し、5日目には隣国となるカンボジアへ移動する。

 6日目の最終日はアンコールワット観光の拠点であるシェムリアップでゴールを迎える。今回の総走行距離は約1450kmと、同ラリーとしては短めのコース設定となる。そこへ、タイ、日本、マレーシア、韓国、台湾、カンボジアから四輪部門32台、トラック部門1台に、サイドカー部門2台、二輪部門21台の合計56台がエントリー。また、ピックアップトラックやSUVが中心だが、ダットサン240Zが、アドベンチャーチャレンジとして別枠で走行する。

【関連記事】米国で「車中泊」あらため「フリーキャンプ」に挑戦! キャンプ場以外での車中泊はリスクと背中合わせです──米国放浪バンライフ:Vol.10

アジアクロスカントリーラリーのレポート画像はこちら

 日本国内では秋の紅葉シーズンも終わり、冬の季節となっているが、まだまだ南国タイ王国は最高気温が30を超える日々。このレーススタートを前に、各チームが、タイ王国ブリーラムのチャーン・アリーナ・スタジアム脇のサービスパークとなる駐車場には、その前週末から続々と車両が搬入されていく。