キャンプ歴50年以上、テントは40張り以上所有! 大ベテランが行き着いた「自然体」のキャンプスタイルとは (1/2ページ)

キャンプ歴50年以上、テントは40張り以上所有! 大ベテランが行き着いた「自然体」のキャンプスタイルとは

朝霧高原で開催の「JAC関東の集い」で出会った素敵なキャンパー

 2022年10月29日から30日の2日間、朝霧高原オートキャンプ場を舞台に日本オートキャンプ協会が主催する「JAC関東の集い」が開催され、キャンプサイトには参加者たちのテントが華を咲かせていた。どのサイトにもオリジナルの工夫が凝らされ、キャンプ好きには参考になるものばかり。今回は同イベントで見かけた素敵なキャンパーに「キャンプの魅力」について語ってもらった。

ライフステージに応じた形でキャンプを楽しんできて半世紀

 今回のイベント取材で最初に声をかけさせてもらったのが、三浦宏規さんのキャンプサイトだ。落ち着いたオーラが漂うサイトには余裕が感じられ、不思議な魅力にあふれていた。キャンプ歴が半世紀を超えるという達人は「人生に寄り添いながらキャンプのスタイルを楽しむのが面白い」と語る。

「私がキャンプというものに出逢ったのは7歳の時でした。生まれ故郷である北海道で親戚のおじさんに連れられキャンプ場に行ったのですが、支笏湖にあるキャンプ場は美しく、その風景は今でも良い思い出として残っています。そして16歳の時、初めて保護者なしでのキャンプを経験して、自分の力でキャンプをしたことで“達成感”を感じ、精神的にも大きく成長できたように感じました。その後、結婚してからは妻と2人、子どもが生まれてからはファミリーキャンプ、子どもたちが大きくなってからはソロキャンプの比率が大きくなりと、家族の形態に則しながらキャンプを楽しんでいます。子どもたちもキャンプ好きに成長したようで、たまに付きあってくれる娘とのキャンプも楽しみのひとつですし、自衛官になった長男は本当の“野営”をしているようです(笑)」

キャンプ道具をたくさん持ちつつ、こだわりすぎない自然体で

 キャンプ歴が半世紀を超える三浦さんに「キャンプで最も大切にしていることは何ですか」とお尋ねすると、即答で「自然体で過ごすこと」と答えてくれた。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

日本オートキャンプ協会「JAC関東の集い」に参加のベテランキャンパー画像はこちら

「キャンプ好きのあるあるですが、あの道具も良さそう、これも楽しそう……と手を出しているうちに、気がつけば膨大な数のキャンプ道具で家の中があふれてしまいました。テントだけでも40張り以上あり、劣化しやすい化学繊維のテントは室内に、丈夫なコットン系のテントは倉庫に収納するなど、保管や管理するだけでもひと苦労です。その他にもタープやチェア、焚火台なども大量にありますから大変です(笑)。

 今回のキャンプは妻と娘の3人で参加したのですが、娘は車中泊、私と妻はビッグアグネスの小さなテントで宿泊することになり、サイトはコンパクトにまとめてみました。昔は色々な道具を持ち込んで楽しんでいましたが、今は気取らずに“自然体”で楽しむことが多くなりましたね。

 でも、唯一こだわっているとすれば大好きなペトロマックスのランタンを灯すこと。扱いは面倒ですが深い味わいがある。コールマンのようにホワイトガソリンではなく灯油で使えるのも経済的ですからね。でも、テントの中では常夜灯として充電式のベアボーンズのランタンを使っています」