新車価格の2倍! 3億3000万円で落札された「ラ フェラーリ」は4万キロ近くの過走行車でした (1/2ページ)

新車価格の2倍! 3億3000万円で落札された「ラ フェラーリ」は4万キロ近くの過走行車でした

499台限定のスペチアーレ

 フェラーリが2013年のジュネーブショーで発表した「ラ フェラーリ」は、限定生産を前提としたスペチアーレとしては、「エンツォ」に続くモデルである。生産数はわずかに499台。それを購入するためのウェイティングリストに自らの名を連ねるためには諸説があるが、RMサザビーズの見解によれば、直近に新車のフェラーリを2台以上購入し、かつ過去10年間に6台以上を所有していることが条件のひとつとなっていたという。

F1譲りの運動エネルギー回生システム「HY-KERS」を採用

 だがそのような厳しい条件にもかかわらず、499台のラ フェラーリは、ジュネーブショーでの発表時点ではすでにソールドアウトの状態にあったという。実車を見ることもなくフェラーリとの絆を信じたカスタマー、そして彼らとフェラーリとの強い信頼関係には改めて感動の念を隠せない。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

3億3000万円で落札された「ラ フェラーリ」

 ラ フェラーリは、そのようなカスタマーの期待通りにメカニズムでも最新の構成をもつモデルだった。最も大きな特徴といえるのは、800psの最高出力を誇る6.2LのV型12気筒自然吸気エンジンに、F1マシン譲りの運動エネルギー回生システム「KERS」をロードモデル用にフィードバックした「HY-KERS」を組み合わせていることで、そのアシストによってシステム全体の最高出力は963psにまで高められることになった。組み合わされるトランスミッションはゲトラグ製の7速DCTとなっている。

 カーボンファイバー製のモノコックも、ラ フェラーリのためにさらに軽量で強靭な設計へと変化した。前作エンツォとの比較では、ねじれ剛性は27%向上、その一方で重量は20%も軽量化されているのだ。

 15セルのバッテリー・モジュールをフロアに8個も搭載しているにもかかわらず、ボディサイズはエンツォよりも大きくはならず、また重心は35mm低くなって安定性がさらに改善された。

 フェラーリのデザイン・センターによって描かれたボディスタイルは、現代のF1マシンとともに、「330P4」や「312P」のようなクラシックなフェラーリのレーシングアイコンを感じさせるフィニッシュ。もちろんそのエアロダイナミクスは現在でも最高水準にあることは確かだ。