アウトドア最強ミニバンは? トヨタ「ノアヴォク」とホンダ「ステップワゴン」を比べてみました (1/2ページ)

アウトドア最強ミニバンは? トヨタ「ノアヴォク」とホンダ「ステップワゴン」を比べてみました

先進運転支援機能の充実度ではノア&ヴォクシーが上回る

 ミニバンが“意外にも”アウトドアで大活躍してくれることは、アウトドアフィールドで実際に使ってみると分かることだ。例えば、三菱主催のスターキャンプに集結するクルマとして、SUVのアウトランダーが絶対多数……ではなく、ミニバンのデリカD:5の数が多いことからも証明される。

 理由は、2列目席まで使った際の荷室容量、スライドドア開口部を含めた荷物の積みやすさにあると言っていい。また、ボックス型ミニバンならではの(SUVより大きく長い)巨大なバックドアがひさしとして利用でき、荷室後端を椅子代わり、テラス席代わりにして座りやすいのも、フロアが低めのミニバンのほうだろう。

 ここでは、ファミリーミニバンの代表格でもあり、街乗りからアウトドアまで使いやすく、比較的買いやすい価格帯のトヨタ「ノア&ヴォクシー」とホンダ「ステップワゴン」のアウトドア適性について比較検証してみたい。

2列目席はベンチシートを選択

 まず「アウトドア命」であれば、2列目席はベンチシートを選択するべきだ。というのは、ここではテント泊を前提としているが、テントがおもな居住、就寝スペースだとしても、突然の悪天候などで一時的に車内に避難する、というケースもありうる。

 そんなとき、車内をお座敷、ベッドスペースとしてアレンジしやすく、使いやすいのは、キャプテンシートよりベンチシートなのである。

【関連記事】サーキット走行会の装備で「冬キャン」の「ソロキャン」に挑戦! 不便を楽しむスポーツカーでのキャンプ【E30M3レポート】

アウトドア向きミニバンはホンダ・ステップワゴン vs トヨタ・ノア/ヴォクシーのどちら?画像はこちら

 ここで、「でも、たしか先代ノア&ヴォクシーの2列目キャプテンシートは横にもスライドできてセミベンチシートにアレンジできたし、逆に先代ステップワゴンのキャプテンシートは横スライドができなかったよね。ノア&ヴォクシーなら2列目キャプテンシートでもいいのでは?」という意見があるかもしれない。

 しかし新型同士で見ると、ステップワゴンの2列目キャプテンシートは最新の6代目になってキャプテンシートに横スライド機構を追加。一方、4代目ノア&ヴォクシーはストレート超ロングスライド機構の採用から、2列目キャプテンシートの横スライドを廃止しているのである。

 つまり、現行モデルでキャプテンシートの横スライド&セミベンチシート化が可能なのはステップワゴンということになる(現行セレナもOK)。とはいえ、キャプテンシートの2座を引き合わせるのと、元からベンチタイプのシートでは、シート幅(ベッド&お座敷幅)、フラットアレンジ時のフラット度で、ベンチシートが優位。やはり、アウトドア派としては、キャプテンシートの贅沢なかけ心地よりアウトドアでの実用性を重視したいところではある。