「ノアヴォク」より「ステップワゴン」と「セレナ」が優れている点とは? 気になる目的別ベスト「Mクラスミニバン」発表! (1/2ページ)

「ノアヴォク」より「ステップワゴン」と「セレナ」が優れている点とは? 気になる目的別ベスト「Mクラスミニバン」発表!

この記事をまとめると

  • 高齢者のいる家族やアウトドア派にも人気のMクラスミニバン
  • 2022年から2023年にかけて新型モデルが続々登場
  • 各車の魅力をそれぞれ解説しベストバイを紹介

ファミリーに人気のMクラスミニバンが続々登場!

 2022年は「ミニバンの年」になる。1月にトヨタ・ノア&ヴォクシー、5月にはホンダ・ステップワゴンがフルモデルチェンジされ、トヨタ・シエンタも近々新型になる。年末から2023年に掛けて、日産セレナもフルモデルチェンジする可能性が高い。

 そこでノア&ヴォクシーとステップワゴンを軸に、ミドルサイズミニバンの選び方を考えたい。セレナもモデル末期ながら販売は好調であることから、今回の仲間に加える。

居住性やシートアレンジ性能でセレナSハイブリッドが有利

 ミニバンにとってもっとも大切なのは居住性だが、セレナは注意が必要だ。e-POWERではS(スマートシンプル)ハイブリッドと違って駆動用電池の張り出しが大きく、2列目シートに座った乗員の足が1列目の下に収まりにくい。

【関連記事】発表間近!! ホンダ新型「ZR-V」開発者の言葉から読み解く「新たなパッケージング」とは

セレナe-POWERの外観フロント画像はこちら

 些細な違いに思えるが、限られた室内に3列のシートを内蔵するミニバンでは、この差が居住性に大きな影響を与える。e-POWERでは2列目に座る乗員の足が1列目の下に収まりにくいから、2列目のスライド位置が後方に寄り、3列目の限られた足元空間を狭めてしまうのだ。

 そこで居住性の順位を付けると、1位はe-POWERではないSハイブリッドのセレナだ。身長170cmの大人6名が乗車して、2列目の膝先空間を握りコブシふたつ分に調節すると、3列目の膝先には握りコブシふたつ半の余裕ができる。

 2位はステップワゴンだ。3列目の膝先空間は、前述の測り方で、握りコブシふたつ分になる。3列目は座面の奥行寸法が2列目に比べて約70mm短いが、柔軟性はあり、多人数の長距離移動にも適する。

 3位はノア&ヴォクシーとセレナe-POWERだ。大人の多人数乗車は可能だが、足元空間はミドルサイズミニバンでは少し狭い。ただしセレナの3列目は、シートのサイズに余裕がある。

 シートアレンジの1位は、セレナのSハイブリッドだ。2列目の中央を1列目の間へスライドさせると収納設備として使えて、2/3列目の間を移動しやすくなる。2位はノア&ヴォクシーで、2列目シートのロングスライド機能がステップワゴンよりも使いやすい。

ラゲッジの機能性はノア&ヴォクシー

 荷室の機能ではノア&ヴォクシーが1位だ。3列目はレバーを引くと持ち上がり、サイドウインドウ側へ押し付けると自動的にロックでき、片手で格納も可能だ。

新型ノアの外観フロント画像はこちら

 2位はステップワゴンで、3列目が床下格納だから、畳んだときには完全に隠されてスッキリした広い荷室になる。床下格納の場合、3列目シートを使っているときには走行音が車内に入りやすいが、現行型はそこも入念に対策した。

画像ギャラリー