アウトドアユーザーにとって悩ましすぎる! 新型ステップワゴンの「エアー」or「スパーダ」は究極の選択だった (1/2ページ)

アウトドアユーザーにとって悩ましすぎる! 新型ステップワゴンの「エアー」or「スパーダ」は究極の選択だった

新型ステップワゴンのアウトドアでの使い勝手を検証する

 6代目となる新型ステップワゴンが5月27日に発売された。押し出し感の薄い、初代回帰を思わせるエクステリアデザインは、街なかではもちろん、アウトドアにも似合いそうだ。室内空間はステップワゴン史上最大。先代になかった2列目キャプテンシートの中寄せロングスライドによって、キャプテンシートでも2-3列目席フラットシートアレンジにより最大長2040mm、2列目キャプテンシートの中寄せ時の幅1030mmのベッドスペースが確保できるようになった。アウトドア、車中泊にもうってつけのMクラスボックス型ミニバンとして、ますます進化しているのだ。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

先進運転支援機能がさらに強化され走行時の静粛性も向上

 アウトドアフィールドが遠方で、高速道路をひた走るアクセスでも、新型ステップワゴンは先進運転支援機能のホンダセンシングが全グレードに標準装備される。電子パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能(メモリ―付き)の新採用によって、ACC(アダプティブクルーズコントロール)が0~130km/h対応の渋滞追従機能を手に入れたのだから、ドライバーの運転に関わるストレスは最小限だ。しかも車内の静かさやこもり音のなさも自慢というから、じつに快適に遠路の目的地に到着できることになる。

 残念ながらわくわくゲートは廃止されたものの、先代のわくわくゲートより短く、軽量化されたバックドアが、雨、直射日光を遮る大きなひさしになるのもボックス型ミニバンならではだ。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

新型ステップワゴン・エアーのリヤスタイル画像はこちら

爽やかな「エアー」とラグジュアリーな「スパーダ」どっちを選ぶべきか?

 だが、新型ステップワゴンをアウトドアカーとして使うとして悩ましいのが、標準車のエアーにするか、エアロ仕様のスパーダにするかの究極の選択ではないか。ここでエアーとスパーダの大きな違い、仕様差異を紹介すると、まずはエクステリアの雰囲気で、ボディカラーを含めてアウトドアがより似合いそうなのは、穏やかな雰囲気があるエアーとなる。やわらかなブルーのフィヨルドミスト・パールのボディカラーは、大自然のなかのアウトドアシーンがお似合い。ちなみにスパーダに、そうしたやわらかい雰囲気あるボディカラーは用意されていない。新型ステップワゴンのエアーとステップワゴン画像はこちら