クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 「東北660耐久レース」第3戦を制したのは? 本気の学生「ミラ」も速かった大盛りあがりのエビスサーキットでした
SPORT
share:

「東北660耐久レース」第3戦を制したのは? 本気の学生「ミラ」も速かった大盛りあがりのエビスサーキットでした

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭  PHOTO: 佐藤 圭

  • スタート前のシーン

    2年ぶりのエビスサーキット西コース。ポールポジションは当時と同じカプチーノが奪った

  • スタート前のシーン
  • 201号車ミラ
  • HA36アルト
  • 軽自動車耐久のイメージカット

2015年に再始動した人気の耐久レース

 2022年12月4日にエビスサーキット西コースで、「東北660耐久レース」の第3戦が開催された。仙台ハイランドレースウェイの「Kカー耐久」を引き継ぎ、2015年から東北660シリーズのひとつとして再始動。2021年から福島県・エビスサーキット西コースおよび東コースにリンクサーキットを加え、年3回のシリーズ戦が正式に組まれている。

学生が参戦できるクラスも盛況

 もっとも台数が多いのは「東北660選手権」の3クラスと同じ車両規定の3クラス、そして改造範囲は同じながら登録できるドライバーの数を増やした学生クラスだ。また、旧規格にターボやスーパーチャージャー装着車、3クラスの規定に収まらない新規格NAも参加でき、軽自動車なら何でもアリというお祭り的な側面も持つ。

 今回のエントリーは過去最多に迫る26チームだが、直前のマシントラブルで2チームが不出場となった。クラスごとのトピックを紹介しよう。

#350カプチーノが圧倒的強さで完勝し総合優勝

 もっともチューニングできる範囲が広い1クラスは、#350 スズキJ宮城&高橋Rカプチーノが、予選で1分11秒037という普通車も顔負けのタイムを記録し総合のポールポジションを獲得。第2戦のリンクサーキットはドライバーが揃わず欠場しており、最終戦に賭ける意気込みは相当だったと思われる。ライバルが不在という状況ではあったものの、仙台ハイランド時代からの常連らしい安定感で、終わってみれば149周で堂々の総合優勝を果たした。

激戦の3クラスは学生チームが予選トップに

 続く2クラスは#56 SEIWA Racing Team Aのアルトワークスが、給油の回数が多かったため総合では17番手に沈むものの、見事クラス優勝を飾った。最大の激戦区である3クラスは9チーム。学生クラスの8チームは3クラスにも組み込まれ、トータルでは17チームという大所帯になる。

 練習走行と公式予選のトップはなんと学生で、L700ミラを駆る#201 TGUACミラだった。数年前から走らせていた車両で明らかにストレートが遅かったのだが、エンジンを載せ替えたことで本来のポテンシャルをようやく発揮した。決勝は無給油作戦を採用した、3クラスの#311 Team福島 Rise ARYアルトにトップを譲ったが、学生クラスではぶっちぎりの優勝で強豪が揃う3クラスでも3位の結果は見事というしかない。

201号車ミラ

 チェッカー時の137~139ラップのなかに9チームがひしめき合っており、給油やドライバー交代のタイミングが少しズレていれば逆転していた可能性がある。なお、3クラスの2位は東北シリーズのドライバーが集まった#794 ARY 畜生藻コベイ組、3位も同じく東北660シリーズで活躍する#527 ZtoAuto CSW自動車部だった。学生クラスの2位は#382 YUMC副部長•会計レーシング、3位には#260 201AS TAKUMI ESSEが入賞した。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS