クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 名門レースチームの代表格!「WedsSport ADVAN GR Supra」で戦う「TGR TEAM WedsSport BANDOH」【SUPERGT 2023 Teams】
SPORT
share:

名門レースチームの代表格!「WedsSport ADVAN GR Supra」で戦う「TGR TEAM WedsSport BANDOH」【SUPERGT 2023 Teams】

投稿日:

TEXT: 廣本 泉  PHOTO: 近藤浩之/GTA/TOYOTA GAZOO Racing

  • WedsSport Racing Galsの4人

  • ドライバーふたり
  • 第2戦富士の19号車

長年スーパーGTに参戦する名門チームのひとつ

日本を代表するGTレースとして、海外でも人気の高い「SUPER GT(以下、スーパーGT)」。GT500クラスはトヨタ/ニッサン/ホンダの3メーカーがしのぎを削っている。今シーズンはトヨタ「GRスープラ」が6台、ニッサン「フェアレディZ」が4台、ホンダ「NSX」が5台参戦している。今シーズンを戦う15台のなかから、今回は19号車WedsSport ADVAN GR Supraで戦う「TGR TEAM WedsSport BANDOH」を紹介しよう。

第3戦以降の巻き返しに期待!

1990年に設立されたRACING PROJECT BANDOHを母体とするチーム。全日本ツーリングカー選手権で活躍したほか、1997年より全日本GT選手権への参戦を開始し、デビューイヤーながら織戸 学/福山英朗がGT300クラスでドライバー部門を制覇した。その勢いはスーパーGTでも健在で、2009年には織戸 学/片岡龍也がGT300クラスでドライバー部門を制し、チーム部門と合わせて二冠を達成している。

2011年からはレクサス勢の一角としてGT500クラスへの参戦を開始し、2016年の第7戦・タイで、GT500クラスでの初優勝を獲得。その後も予選でトップタイムをマークするほか、表彰台を獲得するなどつねにトップ争いを展開してきた。残念ながら2022年は目立った活躍を果たせずにポイント争いでも、ドライバー部門/チーム部門ともに11位で終わったが、2023年はさらなる飛躍が期待されている。

まず、2016年のスーパーフォーミュラでチャンピオンに輝いたほか、スーパーGTでも2013年からGT500クラスで活躍しているベテランの国本雄資が引き続きAドライバーとして起用される。チームメイトには、2021年よりスーパーGTのGT500クラスへ参戦を開始した若手ドライバーの阪口晴南をラインナップ。この2人のコンビネーションは参戦2年目を迎えているだけに、マシンのセットアップに関しても、2023年はよりスムーズな連携が行えることだろう。さらに、チーフエンジニアが変更されていることから、テクニカル面で新たなチャレンジが行われるに違いない。

ドライバーふたり

主力モデルは熟成を極めつつあるトヨタGRスープラで、トヨタ勢で唯一のヨコハマタイヤを装着。タイヤ面においては孤軍奮闘となるが、過去のレースを見てもわかるとおり、コンディションが合えばトヨタ勢の最上位としてレースを支配する可能性が高いことだろう。

開幕戦の岡山は予選で5位につけながらも決勝は9位、第2戦富士は決勝12位という結果に。以降はどのようなレース展開を見せてくれるのか? マシンとタイヤのマッチングとしては、SUGOなどのテクニカルコースを得意としているが、どのコースにおいても時として予選で抜群のスピードを見せるだけに、今後の飛躍に注目したい。

  • ドライバーふたり
  • 第2戦富士の19号車
すべて表示

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS