クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 「K2 R&D LEON RACING」は常に上位争いを演じる強豪チーム!「LEON PYRAMID AMG」の走りは必見です【SUPER GT Teams】
SPORT
share:

「K2 R&D LEON RACING」は常に上位争いを演じる強豪チーム!「LEON PYRAMID AMG」の走りは必見です【SUPER GT Teams】

投稿日:

TEXT: 廣本 泉(HIROMOTO Izumi)  PHOTO: GTA

  • 65号車レオン
  • ドライバー

数多くの勝利を挙げてきた名門チーム

日本を代表するGTレースとして、海外でも人気の高い「SUPER GT(以下、スーパーGT)」。GT300クラスは国内外のメーカーがしのぎを削っている。世界的に人気のFIA GT3車両をはじめ、JAF-GT、マザーシャシーと3タイプのマシンが混走し、毎戦で激しい戦いが繰り広げられている。今シーズンを戦う27台のなかから、今回は65号車LEON PYRAMID AMGで戦う「K2 R&D LEON RACING」を紹介しよう。

2度目の戴冠に向けて戦いを挑む

K2 R&Dを母体とするレーシングチームで、ライフスタイル誌『LEON』とのジョイントプログラムにより、2013年からLEON RACINGとしてスーパーGTのGT300クラスへの参戦を開始。マシンはメルセデス・ベンツSLS AMG GT3で黒澤治樹/黒澤 翼/中谷明彦が第5戦の鈴鹿で3位入賞を果たすなど、デビューイヤーからポディウムフィニッシュを達成していた。

2014年も第4戦のSUGOで黒澤兄弟の65号車が2位につけたほか、2015年の第4戦・富士では黒澤/蒲生尚弥が2位に入賞。さらに主力モデルをメルセデスAMG GT3に変更した2016年には、黒澤/蒲生が開幕戦の岡山で初優勝を獲得するなど、LEON RACINGの65号車はGT300クラスで輝かしいリザルトを重ねていった。

その後も2017年には黒澤/蒲生が第6戦の鈴鹿、第8戦のもてぎを制するなど2勝をマークするものの、ポイントスタンディングは2位で終えることとなった。

しかし、2018年は着実にポイントを重ねたほか、最終戦のもてぎを制したことで黒澤/蒲生がドライバー部門でチャンピオンを獲得。もちろん、LEON RACINGもチーム部門を制し、2冠を達成した。

こうして名実ともにGT300クラスの頂点に上り詰めたLEON RACINGは、その後も「常勝チーム」としてGT300クラスで上位争いを展開している。2019年は未勝利に終わったが、2020年は蒲生/菅波冬悟が第4戦のもてぎを制覇。2021年以降は勝利から遠ざかっているものの、2022年も蒲生/篠原拓朗が2度の3位入賞を果たした。

まさにLEON RACINGはGT300クラスにおいて上位争いを左右する存在となっているが、2023年も65号車がリザルトの鍵を握るに違いない。

まず、スピードと安定感を併せ持つ蒲生/篠原が引き続きドライバーとして起用されたほか、マシンも完成度の高いAMG GT3を継続。タイヤは予選のタイム争いはもちろん、決勝のロングランでも素晴らしいパフォーマンスを発揮するブリヂストンで、どのラウンドでも攻略可能だろう。

ドライバー

事実、開幕戦の岡山では予選でトップタイムを叩き出し、ポールポジションを獲得したほか、決勝でも2位入賞。中盤戦で勝利を飾ることができれば、そのまま漆黒のAMG GT3が自身2回目のタイトル獲得に向けて突き進むに違いない。

  • 65号車レオン
  • ドライバー
すべて表示

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS