クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 謎の3輪マイクロカーが約1240万円で落札! 改造されたフリスキー「コンバーチブル スペシャル」とは
CLASSIC
share:
謎の3輪マイクロカーが約1240万円で落札! 改造されたフリスキー「コンバーチブル スペシャル」とは

謎の3輪マイクロカーが約1240万円で落札! 改造されたフリスキー「コンバーチブル スペシャル」とは

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

謎の3輪小型車「フリスキー」

世界最大級と称されるクルマのお祭り「モントレー・カーウィーク」の一翼を担うオークションとして、RMサザビーズ北米本社がさる 2023年8月17〜19日にカリフォルニア州モントレー市内にて開催した「Monterey 2023」。そこで興味深い出品が数多く見られたなかから、もっとも異色の1台、英国の小規模メーカー「ヘンリー・メドウズ・ヴィークルズ」転じて「フリスキー」社が1950年代末に開発した3輪小型車「ファミリー・スリー」の改造コンバーチブルをご紹介したい。

イギリスの知られざるマイクロカー、フリスキーとは?

第二次世界大戦が終結した直後のヨーロッパ各国で開発されたマイクロカーたちの多くは、スタイリングや快適性などにはほとんど無頓着な、便利で質素な道具に過ぎなかった。しかし、進取の気性に富んだ一部の起業家たちは、たとえ低いコストでも巧みに設計され、リーズナブルな価格で魅力的な小型車をつくる「ニッチ」に、進出の余地を見出してゆく。

元レーシングドライバーの英国人、レイモンド・フラワー大尉もそんな野心的な起業家のひとりだった。フラワー大尉は、2人の兄弟および「キーフト・カーズ」のデザイナー兼エンジニア、ゴードン・ベドソンをともない、エジプトのカイロで「フェニックス」なる屋号のもとに、いくつかのマイクロカープロジェクトに携わっていた。

ところが、ファルーク国王の失脚とそれに伴うスエズ危機により、これらのプロジェクトはとん挫。フラワー兄弟とベドソンはやむなくイギリスに戻ったものの、小型で経済的なクルマという彼らのアイデアは、戦前には「ラゴンダ」や「インヴィクタ」など、名スポーツカーのエンジンも供給していたエンジン専業メーカー「ヘンリー・メドウズ」社に受け容れられることになる。

1956年、ベドソン技師はメドウズ社のデザイナーと協力し、ガルウイングドアを備えた型破りなスタイリングの「バグ」というニックネームの試作車を完成させた。1957年のジュネーヴ・ショーにてデビューしたこのクルマは「フリスキー」と名づけられたものの、ガルウイングドアという特徴ゆえに、大量生産にはコストが掛かり過ぎることが判明する。

そこで彼らは、コスト高騰の元凶であるドアをルーフともどもカット。イタリアの巨匠ジョヴァンニ・ミケロッティの協力のもとボディを再設計した結果、1958年春に「フリスキー・スポーツ・コンバーチブル」の生産が開始された。

フリスキー「スパイダー スペシャル」

このマイクロカーはコンヴェンショナルな4輪車で、2気筒2ストローク250ccの「ヴィリーズ(Villiers)」社製オートバイ用エンジンと前進4速のギヤボックスが搭載され、リバースギヤはスターターモーターを反転させるシステムによって補われていた。

1958年末には会社の所有権がマーストン・グループへと代わり、新社主は車両のブランド名から「フリスキー・カーズ」社と命名。普通のドアを持つ4輪クーペにくわえて、3輪車には免税および免許の取得可能年齢の引き下げ措置のあった英国内市場のために、同じくクローズドルーフを持つ「フリスキー・ファミリー・スリー」を新たに開発した。

1959年1月から発売されたファミリー・スリーは、ミケロッティがデザインしたボディに197ccの2ストローク単気筒のヴィリーズ社製エンジンを搭載し、4速マニュアルトランスミッションとリバース機構を備えていたという。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS