「モータースポーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

似て非なるBMWの高性能「Mモデル」と「アルピナ」の違いとは

BMWの高性能モデルといえば「BMW M社」の『M3』や『M4』といった特別なエンジンを搭載した『Mモデル』。「アルピナ」もBMW車のエンジンなどをチューニングしたハイパフォーマンスモデル。どちらも正規ディーラーで販売さ...

続きを読む...

「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

鈴鹿サーキットでオークションを開催マニア垂涎のパーツやグッズも出展される1983年10月のレース初参戦から36年を数え、先のEVフェスティバルで記念すべき80勝目を獲得した「Team TAISAN(チームタイサン)」。高...

続きを読む...

チームタイサン 「電気自動車のレース」で記念すべき通算80勝目を獲得

1時間耐久レースで総合1位で優勝!チームメイトもクラス1位を獲得晴天に恵まれた2018年11月3日の文化の日、茨城県の筑波サーキット・コース1000にて、今回で24回目となる電気自動車の祭典「日本EVフェスティバル」が開...

続きを読む...

ドリフトの世界一決定戦がお台場で開催!惜しくも日本人は表彰台ならず

世界40カ国以上の頂点を決めるFIA公認のドリフトイベント世界のモータースポーツ管理機関として、F1、WRC、WEC、WTCCといった世界選手権大会を認可しているFIA(国際自動車連盟)のドリフトイベント「FIAインター...

続きを読む...

土屋圭市氏が審査委員長を務める「ドリフトイベント最終戦」で大波乱

最終戦でも上位3位がチャンピオン圏内決勝戦で1番手「益岡」がまさかの敗退2011年にスタートしたドリフトイベント「ドリフトマッスル」が、2018年に生まれ変わりスタートしたのが「ドリフトキングダム」だ。「ドリフトキングダ...

続きを読む...

斬新な発想が満点!エンジンからモーターに乗せ換えた電気自動車13モデル

日本EV協会が主催し、毎年11月3日に開催(過去には別日程もあり)される「日本EVフェスティバル(筑波サーキット)」には、日本中からさまざまな自作EVが集まってくる。その中心はコンバートEVと呼ばれる、エンジン車のエンジ...

続きを読む...

1 / 8123...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...