「旧車」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

実用第一主義だった初代ジムニーは男のくるまだった【歴代ジムニー大全】

軽自動車初となる本格四輪駆動車は3期に渡って独自の進化を果たす昭和45年に誕生したジムニーは、ビッグマイナーチェンジを何度が実施しつつ着実に進化してきた。そのために1代あたりのモデルサイクルが非常に長い。今回、ジムニー専...

続きを読む...

旧車のエンジン始動はまさに儀式!「チョーク」の使い方にはコツが必要だった

チョークレバーの調整だけはなくアクセルとのコンビネーションが必要現代ののクルマはエンジンへの燃料供給に電子制御燃料噴射装置を使っている。それゆえスタートボタンを「ポンッ!」と押せば、いとも簡単にエンジンを始動することが…

続きを読む...

メルセデスの一員「AMGは小さなエンジンチューニングショップだった」

『AMGメルセデス300 SEL 6.8』の勝利で名チューナーとして世に名を馳せることに今でこそメルセデスのサブブランドとして高性能モデルをリリースする「AMG(エー・エム・ジー)」は、1966年の設立間もない頃は二人の...

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 1)」

マツダが育て、日本の技術で完成した名機”ロータリー・エンジンの歴史”ヴァンケル・エンジンの生みの親である「NSU」やおひざ元ドイツを筆頭とするヨーロッパで魅力的なヴァンケル・エンジン搭載車が誕生し...

続きを読む...

日産 R33 GT-Rに存在した「オーテック/400R/LM」という特別なモデルたち

第2世代で唯一のセダンやワークスコンプリートなど、BCNR33の代にあった特別な3モデルあまりにも偉大だったスカイラインGT-R(BNR32)を越えたことを証明するには、数字で見せるしかない。「大きくて重い」と言われたB...

続きを読む...

オートバイにも存在した「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(2輪車・後編)」

デザインにこだわった国産初の市販モデルから警察にも導入されたノートンの名車まで 【スズキ・RE-5】ハーキュレスが登場した1974年には、RE(ロータリーエンジン)バイクとしては国産初の市販モデルとなったスズキ...

続きを読む...

クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

40代〜50代にとっては懐かしいはず?いまや見かけなくなった絶滅危惧アイテム絶版車や当時に乗った愛車の名前を見聞きするだけで、当時の懐かしい記憶が蘇ってくることも。クルマ好きにとっては、当時に流行したアイテムの名前を聞い...

続きを読む...

「有鉛ガソリン車」に無鉛ガソリンを入れても走れるの?

エンジンのノッキングを防止するためにガソリンに鉛混入してオクタン価を高めたその昔、ガソリンスタンドでは「有鉛ガソリン」と「無鉛ガソリン」が併売されていた時期があった。じつは、1972年3月までに発売された国産乗用車は、有...

続きを読む...

マツダ以外にもあった「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(海外編)」

苦労はしたがそれぞれに魅力的だった、海外のロータリー・エンジン搭載車ロータリー・エンジンといえば、その前身である東洋工業時代から開発を続けてきた「マツダ」が“育ての親”というのが通り相場だが、“生みの親”は基本技術を考案...

続きを読む...

1 / 3123
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング