「旧車」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

トヨタの高級セダン「初代セルシオ」が80万円以下で買える【旧車セダン購入ガイド】

発表された29年前の新車価格は約670万円!欧米でブレイクした日本が誇る高級車セダンの世界基準を変えたとも言われた1989年に登場した初代トヨタ・セルシオ。一説には、その車内静粛性の高さに驚いたメルセデス・ベンツが発表直...

続きを読む...

日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

貴重な愛車と向き合うための秘訣とは?20万km/30万kmでの消耗部位を知る日本を代表するスポーツカー、スカイラインGT-R。いまや非常に貴重となってきたR32/R33/R34という第2世代GT-Rはすでに旧車の領域て...

続きを読む...

【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、ボディと室内の寸法が大きく変更された昭和45(1970)年に誕生したスズキ・ジムニー。本格的なオフロード4輪駆動車は、歴代モデル毎にビッグマイナーチェンジを何度か実施しつつ着実に...

続きを読む...

ベレットからピアッツァまで! いすゞの一時代を築いた“スペシャリティカー”

ジウジアーロの息吹も込められていた独創性が魅力な「いすゞ」のクルマたち2000年代に入るまでは、ガールフレンドとドライブデートを楽しむときに大きな武器となったのが「スペシャリティカー」だ。ファミリーセダンなどをベースに、...

続きを読む...

「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

鈴鹿サーキットでオークションを開催マニア垂涎のパーツやグッズも出展される1983年10月のレース初参戦から36年を数え、先のEVフェスティバルで記念すべき80勝目を獲得した「Team TAISAN(チームタイサン)」。高...

続きを読む...

名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

派生モデルの誕生でラインアップも充実、「最善か無か」の哲学で生まれた歴史と進化1886年以来、世界最古の自動車メーカーとして数々の名車を輩出してきたメルセデス・ベンツの名を飛躍的に高めた量産モデルが1985年にデビューし...

続きを読む...

1 / 9123...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...