「旧車」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

ボディの大型化は避けられない? 国産5ナンバー車が絶滅の危機に瀕している理由

5ナンバー車の登録が激減 海外で先行デビューし、日本でも今年フルモデルチェンジされるトヨタ・カローラセダン&ワゴン(以下カローラ)。さまざまな話題の中でも注目を集めるのが、ボディサイズだ。 カローラは10代目(2006年...

続きを読む...

車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

自己満足で楽しかった平成カスタム 昭和末期から平成中盤まで、盛んに行なわれた自動車カスタマイズ。ライバルよりも目立ちたい、速くしたいという欲望に勝てず、違法なドレスアップ&チューニングをしたクルマ好きもいるでしょう。ゆ…

続きを読む...

楽器会社のヤマハも関わっていた! 世界に誇るトヨタ2T-G型エンジンとは

アイルトン・セナが乗ったF3マシンにも採用 ハイブリッドやEVが勢力を拡大してきているとはいえ、名車の陰には常に名エンジンあり。数あるエンジンの中から、とくに名機といえるエンジンをピックアップ。今回はトヨタ・セリカ(初代...

続きを読む...

いま思うと危なすぎ!パワーと速さを極めた”ピリ辛”軽自動車5選

ジャジャ馬ゆえ操る楽しさがあった 現在、ホットな軽自動車というと、スズキ・アルトワークスくらいしか浮かばないが、かつての軽自動車、平成8(1996)年に改訂された現在の規格サイズ(全長3.4m、全幅1.48m)になる以前...

続きを読む...

もはや絶滅危惧車! いつの間にか街で見かけなくなった平成のクルマ5選

使い勝手が良く国民車として人気だった 平成に終わりを迎え、令和元年となった2019年。クルマの年式が「平成」と聞くとまだまだ新しい感覚だが、今年で31年目であり、平成初期の車両は紛れもなく古くなってしまっている。そこで今...

続きを読む...

伝説のラリースト 篠塚建次郎さんも参加決定!「クラシックミーティング 日本アルペンラリー」参加者募集中!

伝統ラリーを味わいに応援イベントの I LOVE RALLY フェスタにも行こう!「クラシックミーティング日本アルペンラリー2019」が6月21日(金)から22日(土)の2日間、長野県で開催される。参加応募が始まっており...

続きを読む...

1 / 27123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  3. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  4. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  9. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...

  10. 9.98万円で買える!110ccベトナム製ホンダバイクの万能な高性能ぶりに驚いた

    小型2輪のAT限定免許でも運転可能  ここで紹介する110ccバイク、...