クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

OUTDOOR
クルマで楽しむアウトドア体験。ビギナーから達人まで、あらゆる人に向けてキャンプやアウトドアの選りすぐり情報を発信

「ルーフテント」に注目! 実際に使用しているオーナーたちから「メリット」と「デメリット」を聞いてきました

アウトドア&カスタムカーを軸にしたイベント「Let’s Chill Out!(レッツチルアウト)」が2022年11月5日(土)~6日(日)に相模原で開催されました。会場で目立ったのが、多彩なクルマの屋根に取り付けられたルーフテントの数々でした。

スズキ「ジムニー」にボディと一体化する「ルーフテント」誕生! 「ムーンクラフト」設計だからエアロ効果も間違いなし

2018年の発売以来、今なお人気の衰える気配のない現行型スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」。株式会社カマドが運営する「ジムニー秘密基地」から、ジムニー&シエラ専用のルーフテント「キャノティエ(Canotier)J3」が2022年12月26日に発売されました。

あれば便利な「AC100V/1500W」コンセント装着車両を一挙紹介! プロオススメは日産「エクストレイル」です

アウトドアに使うクルマの要件として、荷物の積載性や走破性が気になるポイントかも知れません。しかし、あれば絶対に便利で快適なアウトドアが楽しめる要件として、AC100V/1500Wコンセントの装備があります。採用しているクルマを紹介しましょう。

「ゴルフ」顔のトヨタ「プロボックス」でおしゃれにキャンプ! 4年使ってルーフテントは夏冬大丈夫でした

2022年11月5日(土)~6日(日)に相模原で開催されたアウトドア&カスタムカーのイベント「Let’s Chill Out!(レッツチルアウト)」。一見すると「ゴルフ1風?」なトヨタ「プロボックス」でキャンプしていたオーナーさんに直撃しました。

ジープ「グラディエーター」にどうやって「ルーフテント」を装着? ピックアップをDIYカスタムして楽しむオーナーに聞いてみました

2022年11月5日(土)~6日(日)に相模原市で開催された「Let’s Chill Out!(レッツチルアウト)」は、アウトドア&カスタムカーが融合した新しいスタイルのイベント。会場でもひときわ目立っていたジープ「グラディエーター」を紹介しましょう。

意外と知らない「焚き火」の落とし穴とは? 隣サイトとのトラブルを避けるために知っておきたいこと

昨今ブームになっているキャンプと焚き火は切っても切れない関係。そんな焚き火ブームの中において、耳にするようになったのが「マナーの悪さ」です。そこで、今回はキャンプビギナーから脱却するうえで欠かせない、焚き火のマナー向上と安全について考えてみたいと思います。

VW「ビートル」でトレーラーを牽引!? おしゃれなクラシックスタイルのキャンプ実践者を紹介します

アウトドア&カスタムカーを軸にしたイベント「Let’s Chill Out!(レッツチルアウト)」が2022年11月5日(土)~6日(日)の2日間、相模原で開催されました。クラシックなフォルクスワーゲン・ビートルでキャンピングトレーラーを牽引するオーナーさんを紹介します。

「走るラブホ」はホンダ「S-MX」だけじゃない! トヨタ「bB」もかなりイイ線いってました

1996年に登場したホンダS-MXは「走るラブホ」と言われた若者をターゲットとしたプチバンでした。今でも似たようなクルマがあるのか調べたところ、ボックス型ミニバンがそれに該当することが判明。アウトドアでも活躍するフルフラット化ができるクルマを紹介しましょう。

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS