「タグ: スバル」の記事一覧

スバルが新たなステージへ!新色「ジェットホワイト」を採用したワケ

走りへの情熱を込めたコンセプトモデル SUBARUは、モータースポーツ統括会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)と共同で、2019年2月9日から11日までインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2...

続きを読む...

北米スバルのモータースポーツが象徴的なマシンカラーへ【NAIAS2019】

ブルーとゴールドとの往年カラーで統一トヨタGRスープラ、そしてSUBARU/STI S209などの登場で沸いた北米自動車ショー(デトロイトショー)。スバル/STIブースには、そのS209を中心に発表会の時点ではインプレッ...

続きを読む...

市販化確実!?「STI Sport」史上初のスバル・インプレッサ スポーツ登場!

新世代STIのボディ色はジェットホワイト SUBARUは、モータースポーツ統括会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル)と共同で、2019年1月11日から13日まで千葉県幕張メッセで開催される「東京オートサロン20...

続きを読む...

スバルとSTIのコンセプトモデル「フォレスター」は市販化に期待の1台だった

イエローグリーンのアクセントが光るSTIコンセプトモデルのフォレスター SUBARUとSTIは、千葉県・幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」に共同で出展。STIコンセプトモデルとして『フォレスター』と『...

続きを読む...

スバリスト必見!! ファンと共に軌跡を残す「STIギャラリー」は見て触れられるスバル博物館

「聖地」と呼ぶほど熱狂的なスバリスト 熱いSUBARUファン(スバリスト)の“聖地”として挙げられる場所がいくつか存在する。例えば東京都渋谷区恵比寿にあるエビススバルビル(株式会社SUBARU本社ビル)や群馬県にある株式...

続きを読む...

ZERO/SPORTSが機能性を高めるスバル車用アイテムが続々リリース

レヴォーグ、WRX、インプレッサへ機能性を高められる5つのニューモデルスバル車のカスタマイズブランド「ゼロスポーツ」は、『シートジャケット』『ポケットプロテクター』『エアインテークホース レッドモデル』『カ...

続きを読む...

1 / 7123...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  3. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  4. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  9. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...

  10. 9.98万円で買える!110ccベトナム製ホンダバイクの万能な高性能ぶりに驚いた

    小型2輪のAT限定免許でも運転可能  ここで紹介する110ccバイク、...