参戦マシンはディーラーで買える! レース初心者にオススメしたいワンメイクレース3選 (1/2ページ)

参戦マシンはディーラーで買える! レース初心者にオススメしたいワンメイクレース3選

この記事をまとめると

  • 市販車をベースにしたワンメイクレースが人気
  • 初心者でも参戦しやすいのが魅力
  • ロードスター、ヤリス、GR86/BRZでおすすめを紹介

初心者が挑戦しやすいモータースポーツの代表格

 これからレースを始めてみたいという人にとって、やはり一番身近に思えるのは通称「Nゼロ」とも言われるナンバー付きのマイカーによるワンメイクレースだろう。幸いなことに現在、トヨタ・ヤリス、同じくトヨタGR86/スバルBRZ、そしてマツダ・ロードスターという現行モデルによる3つのシリーズが全国のサーキットで開催されている。このシリーズ戦を現場で取材した経験をフィードバックしつつ、オススメの度合いを考察してみたい。

ほぼ購入したままで参戦可能な「ヤリスカップ」

 まず最初に紹介したいのが、筆者が昨年6月に初開催された模様を本サイトで報告している「Yaris Cup(以下ヤリスカップ)」。そこでも書いたように、2000年から2020年まで開催されていた「Netz Cup Vitz Race(ヴィッツレース)」の後継という位置付けだ。トヨタの世界戦略コンパクトカーとして誕生したヴィッツだが、4代目への世代交代と同時に世界共通のヤリスに車名を統一したため、Nゼロも新たなシリーズ名称にリニューアルされた。

【関連記事】マツダ787Bの4ローターの快音にファン大絶賛! トヨタトムス85Cがクラス優勝を遂げる【2022ルマンクラシック】

ヤリスカップ車両のイメージ画像はこちら

 参加できる車両は5ドア車に設定されたカップカー専用グレード。6速MT車のほかにCVT車も選択可能で、搭載エンジンは1.5L直列3気筒のノンターボ。つまり国内外のラリーやスーパー耐久などで活躍している3ドアのホットハッチ、1.6LターボのGRヤリスではない。最高出力は120ps(88kW)/6600rpmで、最大トルクは14.8kgf-m(145Nm)/4800〜5200rpm。ボディサイズは全長3940×全幅1695×全高1470mmなので、今や少数派の5ナンバー。車両重量は6速MT車が1030kgで、CVT車が1040kgとなっている。

 気になる車両価格(税込み、以下同)は6速MT車が217万1100円、CVT車が238万0100円。特筆すべきはこのカップカーを購入すると、ほぼそのままでレースに参戦できること。これは後述するロードスターやGR86/BRZと大きく違うポイントだ。ただし運転席だけは交換を前提としているほか(6点式のフルハーネスは標準装備)、一般的にはデータロガーと言われているRacing Recorder(13万2000円)は自分の走りを分析したり、スキルアップのためにも装着を強く推奨したいオプションとなる。

ヤリスカップのスタートシーン画像はこちら

 次にヤリスカップの戦いの舞台だが、昨年に引き続いて今シーズンも東日本と西日本の2シリーズが各8戦ずつ設定された。会場となるサーキットは、東日本では富士スピードウェイとスポーツランドSUGOが3戦ずつで、残る2戦が十勝スピードウェイ。西日本では鈴鹿サーキット/岡山国際サーキット/オートポリスが各2戦ずつで、さらに東日本と合同で富士でも2戦が開催される日程が予定されていた。

ヤリスカップのレースシーン(富士)画像はこちら

 ただ今シーズンの開幕前に、サーキットなど極限的な状況での「ABS制御の早期作動」というトラブルが発覚した。その対策のため、両シリーズとも開幕戦を中止。5月15日、岡山国際サーキットの西日本の第3戦からようやくバトルが始まっている。エントリーは51台(うちCVTクラスに4台)という盛況で、フルグリッドの44台までは10周の決勝に進出したが、残る7台は5周のコンソレーション決勝を戦うことになった。ちなみにこのグリッドの数はサーキットによって違うので、ご注意いただきたい。

 主催者側の意向としては、いずれはヴィッツレース時代のように、全国を5エリアに分けてのシリーズ戦に発展させたいとのこと。エントリーフィーは1戦につき4万2900円。タイヤはグッドイヤーの「EAGLE RS SPORT S-SPEC」のワンメイクで、フロント2本は車検マーキング時に未使用の状態がマストになっている。

ヤリスカップの集合写真画像はこちら

新シリーズによりさらに盛り上がる「ロードスター・パーティレース」

 次に紹介するのが、2016年にリニューアルされた「ロードスター・パーティレースⅢ(以下パーティレース)」。こちらは現行の4代目NDロードスターに設定されたNR-Aというグレードでのみ参戦できる規定だ。すでに数回の商品改良を経て、仕様やスペックも微妙に異なっているが、“イコールコンディションでバトルを楽しむ”というワンメイクレースの根元に影響するほどの違いにはなっていない……というのが、筆者の認識だ。

ロードスターパーティレースの集合写真画像はこちら

 ボディサイズは全長3915×全幅1735×全高1235mm。6速MT仕様のみで、車両重量は1010kg(レース時はドライバー込みで1080kgが最低重量)。エンジンは1.5L直列4気筒のノンターボで最高出力は132ps(97kW)/7000rpm、最大トルクは15.5kgf-m(152Nm)/4500rpmとなっている。車両価格は277万7500円だが、そのままではパーティレースに参戦できない。販売店オプションのロールバーセット(25万74353円)やけん引フック(前後で2万2000円)はマストアイテムで、もちろんバケットシートや装着用のレール、競技用ハーネスなども前述の車両価格には含まれていない。

ロードスターのワンメイク車両画像はこちら

 ただ今回紹介している3つのシリーズで、パーティレースだけが突出して有利と思える状況がひとつある、この4代目NDが主役の時代になってから今年で6年目を迎えるため、かなりの数の“中古車”が市場に出回っているのだ。相場はかなり幅広いが、検索すると200万円前後からヒットするはず。パーティレースに参戦できる仕様の中古車を購入すれば、前述の手間も費用も省けるのは大きなメリットだろう。

 さらにもうひとつ、全国各地にある認定ショップのなかには“レンタル”を用意しているところが複数ある。あるお店では1日で3万5000円(税別/レース参戦時は別料金)からと、費用はそれなりにかかるが、購入してオーナーになるより手軽なことは言うまでもない。実際にビギナーの方がデビューして数戦までをレンタル利用で戦い、その後マイカーとして購入したというエピソードもある。

 2016年から、パーティレースの主戦場はスポーツランドSUGO/筑波サーキット/岡山国際サーキットの3カ所に拡大。それぞれ北日本/東日本/西日本という独立した各4戦ずつのシリーズを戦っている。さらにポイント制でランキングを決めるNDシリーズと、マナー重視でバトルを楽しむことが優先のNDクラブマンを設定。もちろん後者も1戦ごとには順位を争って、規定の上位までの入賞者が表彰されることには変わりがない。

岡山でのレースシーン画像はこちら

 そして今シーズンから各地区シリーズとは別に“ジャパンツアー・シリーズ”も新設。これはSUGOと筑波、岡山の各1戦ずつ(地区シリーズとダブルタイトル)に加えて、もてぎ/富士/オートポリスという全6戦(ポイント有効は4戦合計)で構成される。従来は各地区のポイントに年に一度の交流戦を加味した方式で全国ランキングを決めていたが、より明快なルールを新たに作成。ジャパンツアーのチャンピオンに、最高の栄誉となる「マツダカップ」が授与される方式にあらためられた。

 エントリーフィーは各地区共通で、ジャパンツアーを含むシリーズクラスが4万1800円、クラブマンクラスが3万9600円。タイヤはブリヂストンの「POTENZA Adrenalin RE004」のワンメイクで、レース前後の車検で残り溝の数値に規定がある。なおJAF公認ではないが、同じ車両を使った平日開催の競技会「ビースポーツ ロードスター・マスターズ」もビギナー注目の試みで、参加費用も3万3000円とお手軽だ。今季は残り1戦で、9月14日の水曜日に袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催予定だ。あと今回は現行モデルが対象のために触れなかったが、パーティレースでは1世代前のNCクラスも筑波の東日本シリーズでのみ開催されている。

画像ギャラリー