「タグ: トヨタ」の記事一覧

国産メーカー12社のうち6社がトヨタと提携!生き残りを賭ける日本の自動車産業

海外の自動車会社のみならず異業種とも提携 日本には、8つの乗用車メーカーと、4つのバス/トラックの商用車メーカーがある。それは世界的に見ると特異なことだ。日本という狭い市場で数多くのメーカーがしのぎを削り、技術と商品を磨.…

続きを読む...

後付けできるトヨタ ヴェルファイア用全方位駐車アシストカメラ登場!純正&社外ナビに対応

クルマを真上から見た俯瞰映像が見られる カナック企画から、トヨタ・ヴェルファイア エアロタイプ用サテライトビューカメラ「SV-Y008」が発売された。これまでメーカーオプションでのみ対応していた、クルマの全周囲を俯瞰映像...

続きを読む...

トヨタのGAZOOってなに? 名前の由来とGRのラインアップに迫ってみた

自動車メーカー直系のチューニングカー 最近のトヨタはGR、GRMNといったスポーツシリーズを次々に投入してきているが、ブランドにどんな意味があるのか知っているのだろうか。今回は名称について簡単に整理してみたいと思う。 そ...

続きを読む...

トヨタ新型スープラ公道テストをSCOOP! いまだに偽装を施す理由はなぜ?

BMW M4エンジン搭載の高性能仕様に期待 写真は、4月某日に中央高速道路の高井戸付近でトヨタ新型スープラ(正式にはGRスープラ)の公道テスト車両を撮影したもの。しかし、すでに1月のデトロイトモーターショーで世界初披露さ...

続きを読む...

トヨタ新型RAV4で本格オフロード体感! 試乗イベントキャラバンを開催へ

4月13〜14日、GWに全国3カ所で 4月10日に発表・発売されたトヨタ新型RAV4の試乗イベントキャラバンが開催される。本格的なオフロードコースでの同乗試乗となり、新たに採用された4WDシステムの実力を体感できるわけだ...

続きを読む...

トヨタ 新型RAV4登場! 世界初の4WDシステム採用でオフロードイメージを強調

逞しさを強調したエクステリアへ 乗用車タイプのSUVという市場を開拓したトヨタRAV4の新型モデルが登場。従来モデルに比べ、オフロードイメージを高めているのが特徴で、ガソリン車には世界初の前後ラチェットシフト式ドグクラッ...

続きを読む...

未だ現役!平成元年生まれのトヨタ EP82スターレットが競い合う筑波選手権開幕

アマチュアドライバーの登竜門 2019年4月7日(日)、場内の桜も満開の茨城県・筑波サーキットで2019シーズンの筑波選手権シリーズが開幕した。筑波選手権シリーズとは、JAF地方選手権シリーズのひとつで、筑波サーキットを...

続きを読む...

1 / 14123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...